新規事業開発キーマンの相互啓発、意見交換、共同研究フォーラム

第14期 新規事業開発リーダー養成フォーラム

開催にあたって

○ 経済環境の変化に伴い、市場の成熟速度がこれまで以上に速くなり、既存事業においてもスピード感のある対応が求められています。一方でひとつの事業のライフサイクルは短くなってきており、戦略的な視点で中長期的に新しい事業の種まき、育成を行うことが重要になっているのではないでしょうか。

○しかし、新規事業を開発するには、既存事業とは異なる価値観、ものの見方・考え方が必要であり、開発を進めるためのスキル・勘所の体得、さらには、人脈・ネットワーク構築が必須ですが、一朝一夕にはいかぬ悩みが聞かれます。

○ 当フォーラムは、新規事業開発リーダーの養成を目的に、必要な素養を身に付け、また、人脈・ネットワークを形成し得る「場」として、開設以来活発な研究・交流活動を行っております。ここに、新規事業創出へ向けての意志・情熱・志をお持ちの方々の積極的なご参加を切にお願い申し上げる次第です。

本フォーラムの4つの特徴

【ゲスト、メンバーによる事例講演】
様々な業界、業種の企業の新規事業に対する取り組みを知ることで、既存事業とは異なるものの考え方、見方、解決策のヒントが得られます。

【ディスカッションによる生の情報交換】 
グループに分かれ、テーマについての課題の共有と成功・失敗を交え議論を行うことで、幅広い視点、発見、気づきが得られます。

【専門家による集中講義とワークショップ】
新規事業の開発を進めるうえでの必要な素養、スキル、ポイントを2カ月連続の講義により身に付けられます。

【人脈形成・ネットワークの構築】
新規事業の足掛かりとなる人脈の形成、社内では聞くことのできない悩みについて話し合えるネットワーク構築の場となります。

開催日程

2017年11月~2018年10月(原則として、毎月以下日程の13:30~17:00に都内会議室にて開催)

第1回 11月17日(金) 第7回 5月11日(金) 見学会
第2回 12月19日(火) 第8回 6月14日(木)
第3回 2017年1月19日~1月20日(金・土)
合宿研究会
第9回 7月中 合宿研究会
第4回 2月8日(木) 第10回 9月20日(木)
第5回 3月8日(木) 第11回 10月18日(木)
第6回 4月12日(木)

運営要領

テーマの決定

メンバーの意見を反映し、最も関心のあるテーマを幹事・事務局で協議の上、適宜設定する。

ゲストの招聘

メンバーによる問題提起と併せて、テーマに応じては最適の外部ゲストを招聘する。

資料の交換

メンバー交流シート、アンケートを適宜実施交換し、相互の理解を促し、会を進める上での基礎データとする。

合宿研究会

研究の掘り下げならびに親睦を図るために、年間2回郊外で合宿研究会を開催する。

現場の見学

実際の新規事業開発の現場や企業・大学の研究施設、工場などを年に1回訪問し、視察見学、意見交換を行う。

パートナーシップ

メンバー間においては、いかんなくパートナーシップを発揮し、個別に相談に乗る、キーマンを紹介する、場合によっては提携を進めるなど、従来どおり今後も連携を深める。

参加対象

企業の新規事業部門ご担当の方で、部長、課長、マネジャークラスの方、またはそれに次ぐ方で、相互啓発に積極的に参加いただける方。

幹事体制:(順不同、敬称略、役職名は2017年9月現在のもの)

運営幹事

積水化学工業㈱ R&DセンターR&D戦略室 部長
㈱ダイセル 研究開発本部 先端材料企画部 副部長
三菱ケミカル㈱ 情電・ディスプレイ部門光学フィルム本部 ポリエステルフィルム開発センター長
ヤマハ発動機㈱ 技術本部 技術企画統括部 技術管理部 技術企画グループ 主査
ヤマハ㈱ 研究開発統括部開発推進グループ 主幹
グラムス㈱ COO
㈱トクヤマ 研究開発部門 新規事業推進グループ 兼 経営企画室 経営企画グループ 主任
㈱豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニー 物流ソリューション事業室 TALG室 主担当員

研究テーマ

◆新規事業開発における企画・戦略
1.経営環境、時代の変化への洞察と変化に合わせたテーマの探索
2.事業コンセプトの創造と事業構想の描出
3.自社の強みの掌握と事業ドメインの設定
4.シーズとニーズの目利きとマッチング
5.コア・コンピタンスの見極めと再定義
6.新事業の領域の選定
7.収益力のあるビジネスモデルの構築
8.事業スピードと製品・事業寿命の観点からの戦略
9.戦略・企画の立案(常なる仮説・検証の繰り返し)

◆新規事業開発における事業化の進め方
10.マーケティングと事業の立ち上げ
11.キャッシュフロー・マネジメント
12.人とモノの手当とマネジメント
13.オープンイノベーションの在り方
14.価値ある情報の収集と活用
15.社内外の密なる連携とスピードアップの方策
16.アライアンス・M&A戦略とマネジメント
17.ステージごとの評価・修正と撤退について
18.死の谷を越え、ダーウィンの海を渡るには

◆新規事業開発における人と組織
19.「目利きのできる」リーダーの育成、採用
20.ビジョンと現場の方向性をいかに合わせるか
21.起業的風土の醸成、新しいものを作るDNAの伝承
22.組織としてイノベーションを生み出す仕組み
23.組織運営・マネジメント
24.トップ、社内外とのコミュニケーション

第1回例会:(ゲスト講演・オリエンテーション・懇親会)

11月17日(金)13:30~19:00
ホテルメルパルク東京(東京・浜松町)
Ⅰ 「オリエンテーション」
Ⅱ  特別講演 「新しい価値を提供するコニカミノルタのイノベーション創出」

1.創業時ビジネス(写真フィルム、カメラ事業)からの撤退、課題提起型デジタルカンパニーへ
2.コア技術をベースとした技術の新展開(オープンイノベーション)
3.オープンイノベーションの仕掛け(Business Innovation Centerなど
Ⅲ  「懇親会」
  講師:コニカミノルタ株式会社 開発統括本部長  山崎 博彦 氏

第2回例会:(ゲスト講演・ディスカッション)

12月19日(火)13:30~17:00
アイビーホール(東京・表参道)
Ⅰ  特別講演 「米国ディスラプターのイノベーション(仮)」
Ⅱ 「グループディスカッション」
  講師:株式会社リクルートホールディングス 執行役員 尾形 宏明氏

前期活動経過

第1回 「3Mにおけるイノベーションを育む企業文化と成長戦略」
第2回 「Suicaが世界を変える -新しい社会インフラ創造への挑戦-」
第3回 合宿研究会(交流シート/グループ討議/全体討議)
「新規事業開発における取組と課題、いかに成功させるか」~課題、問題意識の共有と知恵の創出~
第4回 集中講義とワークショップ(1)
「未来洞察アプローチを活用した新規事業テーマのアイデア出し(講義)」
第5回 集中講義とワークショップ(2)
「未来洞察アプローチを活用した新規事業テーマのアイデア出し(演習)」
第6回 見学会と講演
「スリーエムジャパン株式会社 カスタマーテクニカルセンター(CTC)」
第7回 メンバー発表と意見交換
「淀川製鋼所の新規事業の取り組み」
「日本合成化学工業の新規事業の取り組み」
第8回 講演と意見交換
「イノベーション創出&事業牽引できるリーダー」
第9回 合宿研究会(交流シート/グループ討議/全体討議)
「事業コンセプトの創造と事業構想の描出」
「組織としてイノベーションを生み出す仕組み」
第10回 メンバー発表と意見交換
「ハウス食品グループ本社の新規事業の取り組み」
「三菱ケミカルの新規事業の取り組み」
第11回 メンバー発表と意見交換
「ご担当者における新規事業の取り組み」
「三菱ガス化学の新規事業の取り組み」

入会要領および参加費

申込方法

必要事項をご記入の上、下記宛てファクスもしくはEメールにてお申し込みください。
折り返し、例会案内ならびに請求書を送らせていただきます。

申込先

一般社団法人企業研究会  担当:田中、倉島
〒102‐0083 東京都千代田区麹町5-7-2 麹町M-SQUARE 2階
TEL:03-5215-3512
FAX:03-5215-0951
*1:もう少し詳しい案内もございます。お気軽にお問い合わせください。
*2:会員企業のご確認につきましては、当会HPの〔正会員一覧〕をご参照ください。
*3:入会をご検討中の方は、会期の途中であっても【体験参加(見学)】が可能です。正式なご入会の前に
一度会合の様子をご覧になりたい方は、事務局(TEL:03-5215-3512)までご連絡ください。

参加費

正会員:本体価格260,000円+消費税
一 般:本体価格290,000円+消費税

・費用は1名分です。ただし、合宿研究会、その他の特別会合は別途実費ご負担いただきます。
・お支払い時期や分割など、ご希望がございましたらご事情お気軽にご相談ください。