事業ポートフォリオの再構築、新たな成長ドライバーの獲得、全社中期経営計画のアクションプラン、お客様価値からの成長戦略、戦略本社のあり方、新たなビジネスモデルの構築

第27期  経営革新・構造改革推進コース
アフターコロナに向けた大再編時代の企業の事業モデルの変革

お申込はこちらからの入力フォームよりお願いいたします。

開催にあたって

コロナ禍で人々の生活スタイルは大きく変わり、企業の事業モデルは変革を求められています。既存の収益モデルの限界を迎え、収益構造改革が大きな経営課題となっており、企業は生き残りをかけた事業ポートフォリオ、新たな成長戦略を描かなければなりません。
本コースでは、事業ポートフォリオの再構築や新たな成長ドライバーの獲得、全社中期経営計画のアクションプラン、組織変革、本社機能の見直しやイノベーションの実現に向けて求められるものを見出すため、豊富なケース事例をもとに具体的かつ体系的に学びます。

開催日程

2021年1月~2021年10月(原則として、毎月金曜日13:30~16:30に都内会議室にて開催)

第1回 2021年1月22日(金) 第6回 6月11日(金)
第2回 2月26日(金) 第7回 7月9日(金)
第3回 3月26日(金) 第8回 9月10日(金)
第4回 4月23日(金) 第9回 10月1日(金)
第5回 5月25日(火) 第10回 10月29日(金)

運営要領

基本理念

本会議の参加メンバーは、ギブ・アンド・テイクをモットーとし、また守秘義務を遵守しながら、主体的に研究活動の成果向上に努めます。

テーマの決定

メンバーの意見を反映し、最も関心のあるテーマをコーディネーター・事務局で協議の上、適宜設定します。

例会の進行(毎月の例会の進め方)

毎月1回ゲスト講演として、先進企業の実務家を招聘します。(テーマおよびゲストは、メンバーのご要望をもとに決めます)

コーディネーター(順不同)

*本コースでは、コーディネーターより課題に対するアドバイスをいただけます。本では学ぶことができない、実務上の障害を乗り越えるための方策を学ぶことができます。

蜂谷 豊彦氏/一橋大学大学院 副学長 兼 経営管理研究科教授

<経歴>
一橋大学経済学部卒業、三菱総合研究所に勤務後、再び一橋大学大学院商学研究科
修士、博士後期を取得。その後、東京工業大学工学部経営システム工学科助手、青山学院大学経営学部助教授、東京工業大学 社会理工学研究科経営工学専攻准教授を経て現在に至る。
<修士論文> コーポレート・テイクオーバーの価値創造効果
<博士課程単位取得論文> 資本コストと投資意思決定
<論文>株式持ち合いの螺旋型ロジック・シフト資本コストの日米比較~企業の投資行動と競争力へのインパクト ~投資戦略の再構築~『分析的推論』の光と影~
<専攻>企業財務論、企業評価論、コーポレートガバナンス

小沢 一郎氏/専修大学 経営学部教授

<経歴>
慶応義塾大学工学部機械工学科を卒業後、コニカ(株)にて、事務機の研究開発・研究企画を経て、全社経営企画を14年間担当。コニカミノルタ・ホールディングス経営監査室マネージャー歴任後、退職し現職。国際経営学修士(MBA)、公認内部監査人(CIA)資格取得。2009年、慶応義塾大学より、博士(商学)学位取得。博士学位論文名は、「進化的イノベーションのダイナミクス」

前期(26期)参加企業:(順不同)

旭化成/NEC/ENEOSホールディングス/大阪ガスケミカル/小野薬品工業/オリエンタルランド/オルガノ/キリンホールディングス/サントリーホールディングス/住友電気工業/第一三共ヘルスケア/宝ホールディングス/デンソーテン/日揮ホールディングス/久光製薬/日立システムズパワーサービス/富士ゼロックス/ブラザー工業/三井化学/三井金属鉱業/村田製作所/明治ホールディングス/ヤクルト本社/ヤマハ発動機/ライオン

研究テーマ

第1回 日 時:2021年1月22日(金)13:30~16:30
会 場:オンライン(Zoom)開催 *新型コロナ感染対策のため会場開催はございません
テーマ:「織風土改革を成功させる3つの要諦」
~イノベーションを創出する組織開発~
ゲスト:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員パートナー
組織人事コンサルティング 組織風土変革(Culture)サービスリーダー
山本 啓二氏
【略歴】15年にわたり組織・人事関連のコンサルティングに従事しており、特に組織風土変革、従業員の意識・行動変革に関して豊富な経験を有する。企業の戦略方針転換時やM&A・会社分割に伴う事業構造転換時の新たな風土醸成、業務改革や働き方改革を推進するための従業員の意識・行動変革、不正・不祥事発生後のコンプライアンス意識醸成に向けた変革プランの策定・実行等、企業の様々なステージにおける変革を組織・人・風土の側面から支援している。
第2回 日   時:2月26日(金)13:30~16:30
会 場:オンライン(Zoom)開催 *新型コロナ感染対策のため会場開催はございません
テーマ:「変革の時代における企業経営のあり方」
~TAKEDAの世界戦略とグローバル経営におけるチャレンジ~
ゲスト: Hirate & associates ㈱ 代表取締役社長 平手 晴彦氏(前 武田薬品工業 執行役員)
【略歴】日立グループで16年、海外と国内の業務に携わり、1996年から外資系企業の代表取締役を歴任。旧萬有製薬の代表取締役社長を経て、2010年より武田薬品工業コーポレートオフィサー(執行役員)。アジア事業の立て直し、本社機構のグローバル化などを推進。グローバル化のテーマは、シャイヤー社の統合で達成となるので、就任から10年となる2020年6月にて退任、現在に至る。Juul Labs Japan ㈱ 代表取締役会長、日本国際交流センター理事
第3回 日   時:3月26日(金)13:30~16:30
会 場:オンライン(Zoom)開催 *新型コロナ感染イノベーションに向けた新たな試み対策のため会場開催はございません
テーマ①:キユーピー㈱ マヨテラスオンライン見学会
テーマ②:「メンバー交流シートを基にグループディスカッション」
①コロナ禍の構造改革 ②コロナ禍の中期経営計画 ③コロナ禍の成長戦略 ④コロナ禍で直面している課題へのリスクマネジメント策
第4回 日   時:4月23日(金)
テーマ:「イノベーションに向けた新たな試み」
ゲスト:株式会社デンソー 技術企画部 (兼)デザイン部 上級キャリアエキスパート 伊藤 義人 氏
【略歴】1981年日本電装株式会社(現;株式会社デンソー)入社以来デザイナーとして商品の企画・開発に携わり、初代デザイン部長を務める。グッドデザイン賞大賞はじめ、100を超える商品でデザイン賞受賞。デザイン部長退任後は、新事業創生及び事業創生人材育成を担っている。名古屋大学卓越大学院プログラム産学共創研究も担当。
第5回 日   時:5月25日(火) 13:30~16:30
テーマ:「企業構造改革に活かす、ブルーオーシャン戦略」
ゲスト:早稲田大学大学院 経営管理研究科教授 川上 智子 氏
【略歴】大阪大学文学部卒。精密機器メーカー勤務後,2000年神戸大学で博士号取得,関西大学教授を経て2015年より現職。2019年早稲田大学にマーケティング国際研究所(MII)を設立,所長に就任。早稲田ブルー・オーシャン・シフト研究所(WABOSI)創設者,副所長。ワシントン大学(アメリカ)・INSEAD(フランス)・南洋理工大学(シンガポール)の客員研究員を歴任。2014年よりJournal of Product Innovation Management編集委員に日本から唯一選出。日本マーケティング学会理事。2006年日本商業学会賞・日本経営学会賞をダブル受賞。2017年アジア・マーケティング研究者トップ100にランクイン。2019年より宝ホールディングス株式会社社外取締役。2020年日本商業学会学会賞審査委員長。専門はマーケティング論,イノベーション論。
第6回 日   時:6月11日(金)13:30~16:30
テーマ:「味の素ファインテクノにおけるDX/OEの取り組み」
ゲスト: 味の素ファインテクノ株式会社 経営管理部長 萬澤 伸吾 氏
【略歴】1994年に味の素株式会社に入社、25年にわたり経理・財務畑を歩み実務経験を積み上げながら、IFRS(国際会計基準)導入プロジェクト、基幹システム更新プロジェクトにも参画。2019年から味の素ファインテクノ株式会社に出向し、経営管理部長として経理・財務、経営企画、情報企画を担当。働き方改革、DX/OEプロジェクトを推進し、現在に至る。
第7回 日   時:7月9日(金)13:30~16:30
テーマ:「M&A失敗の本質 ~7つの失敗原因の実務上の解決策と課題の考察~」
ゲスト:株式会社NTTデータ経営研究所 企業戦略事業本部 M&Aグループ パートナー 人見 健 氏
【略歴】NTTデータグループの経営コンサルティング会社で、M&Aグループの責任者を務め、M&A、PMI、オープンイノベーション、デジタルトランスフォーメーション、M&A・アライアンス推進体制構築等のプロジェクトを手掛けている。戦略立案から、ディール実行、PMIまで、M&Aの全ライフサイクルに亘り、M&Aアドバイザー、戦略コンサルタント及び事業会社の部門M&A責任者として20年以上のハンズオンでの実務経験を有する。NTTデータグループへの参画前は、パナソニック(オートモーティブ社)の事業開発責任者として、大手自動車メーカーとの車載用電池に関わる合弁会社設立プロジェクトをリードした。また、KPMG、ローランド・ベルガー、EY、フロンティア・マネジメントにおいて、自動車、テクノロジー、IT、消費財・小売、製薬、化学、金融等の業界におけるM&A/PMIプロジェクトに従事した。慶應義塾大学経済学部卒。テンプル大学経営学修士課程(MBA)修了。米国公認会計士(ワシントン州)。主な著書に「M&A失敗の本質」(ダイヤモンド社)がある。
第8回 日   時:9月10日(金)13:30~16:30
テーマ:「東南アジアを中心としたアース製薬の海外戦略」
ゲスト:アース製薬株式会社 取締役常務執行役員 海外統括事業部 事業部長(兼)海外管掌
川村 芳範 氏
【略歴】1976年大阪外国語大学タイ語学科卒。1976年大塚製薬入社。1981年アース製薬入社。
1993年ARS CHEMICAL (THAILAND) CO., LTD. 代表取締役社長(1982年から1999年まで駐在)。
2001年アース製薬取締役国際事業部事業部長(2001年天津阿斯化学有限公司董事長、
2005年安速日用化学(蘇州)有限公司董事長を兼任)。2010年常務取締役国際本部本部長。
2018年取締役常務執行役員海外戦略統括本部本部長。2020年より現職。
第9回 日   時:10月1日(金)13:30~16:30
テーマ:「サステナビリティ経営による持続的成長に向けて」
ゲスト:株式会社野村総合研究所  経営DXコンサルティング部 サステナビリティ経営・組織変革グループ グループマネージャー 伊吹 英子 氏
【略歴】早稲田大学大学院理工学研究科修了後、1998年にNRI入社。
2000年以降、サステナビリティ(CSR/ESG/CSV)経営に関する戦略構築と実行支援、
財務・非財務を統合した経営管理制度構築、パーパス・理念・長期ビジョンなどに関するコンサルティングに従事。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程終了(国際公共政策博士)。
第10回 日 時:10月29日(金) 13:30~16:30
テーマ:調整中
ゲスト:オムロン株式会社 グローバル理財本部企画部 (兼)イノベーション技術業務統括室 経営基幹職・専門職 水本 智也 氏

前期(第26期)活動経過

第1回 「日本電産の構造改革とCFO機能が果たす役割」
首都大学東京大学院 経営学研究科特任教授 吉松 加雄氏
第2回 「花王のM&Aの取組み」~ケーススタディによるM&Aのポイント~
花王(株) 経営戦略部コーポレート戦略部長 手塚 隆司氏
第3回 「グローバル企業における経営管理組織、FP&Aの役割」
~インテル米国本社での経験をもとに~
東北大学大学院 経済学研究科会計大学院教授 石橋 善一郎氏
第4回 「ネスレの経営 マネジメントと経営管理体制」
~グローバル企業のマネジメント~
ネスレ日本(株)  執行役員財務管理本部
ビジネスプランニング&レポーティング部長 宮本 武志氏
第5回 「デュポンのグローバル経営」
デュポン(株) 取締役副社長 橋本 勝則氏
第6回 「進化的イノベーションのダイナミクス」
~変革期を超克する組織能力マネジメント~
専修大学 経営学部教授 小沢 一郎氏
第7回  「イノベーションと取締役会」(株) 企業統治推進機構 代表取締役社長 佃 秀昭氏
第8回  「ビジネスパートナーとして業績向上に貢献するFP&A(経営企画)組織とは」
インテグラート(株) エグゼクティブコンサルタント 池側 千絵氏
第9回  「コロナ禍が催促する経営意思決定の変革」
フィデリティ投信 (株) ヘッドオブエンゲージメント 三瓶 裕喜氏
第10回  「成長とサステナビリティの両立をめざして」
~ユニリーバ・サステナブル・リビング・プランの10年~
ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス(株)
ヘッドオブコミュニケーション 伊藤 征慶氏

入会要領および参加費

参加対象

経営企画部門、経理部門、海外部門などコーポレートの経営、事業戦略に携わる方々、および事業部門、事業カンパニーの戦略・管理スタッフの方。

申込方法

お申込はこちらの入力フォームよりお願いいたします。

1社の参加費で2名まで参加可能です。2名お申し込みの場合はそれぞれ1名分ずつ、
上記入力フォームよりお申し込みをお願いします。
折り返し、例会案内ならびに請求書を送らせていただきます。

申込先

一般社団法人 企業研究会  担当:齋藤将司、村野武彦
〒102‐0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2階
TEL:070-2816-6734
E-mail:m-saito@bri.or.jp

*会員企業のご確認につきましては、当会HPの〔正会員一覧〕をご参照ください。

参加費

正会員:242,000円(本体価格220,000円)
一 般:275,000円(本体価格250,000円)

・1社の参加費で2名まで参加可能です。ただし、合宿研究会、その他の特別会合は別途実費ご負担いただきます。
・お支払い時期や分割など、ご希望がございましたらご事情お気軽にご相談ください。