変化と多様化に対応するダイバーシティ推進責任者、担当者のためのフォーラムです。

第17期 ダイバーシティ&インクルージョン推進フォーラム
※旧ダイバーシティ&ワーク・ライフ・バランス推進フォーラム
 ~コロナ禍を超えて推進するD&I、働き方改革~
<オンライン開催/通常例会10回+特別セッション5回>

第17期フォーラムは原則完全オンライン開催にて進めて参る予定です。コロナウイルス感染拡大が沈静化した暁に、通常例会とは別途、会場での情報・意見交換会を開催させていただく可能性がございます。

申込方法

お申込みはこちらからお願い致します。

初回は体験参加を承りますので、真摯に入会をご検討中の方は、まずは体験参加にてご参加いただければと存じます。

 

本フォーラムの特徴

・日本社会、企業におけるダイバーシティ推進の裾野の拡大
・ダイバーシティ推進リーダー、推進担当者同士の情報交換とネットワーキング
・講演、ディスカッションを通じたベストプラクティス、知見の共有
・他社推進責任者の生きた経験、苦労談からの学び
・社内の巻き込み方や展開方法等、「現実的、現場に密着した実務的ノウハウ」の宝庫
  →即効性のあるアクションにつながります!
・勇気を得られるモチベーションアップの場

開催日程<通常例会全10回>

2021年6月~2022年3月(原則として毎月1回火曜日13:30~17:00にオンラインにて開催)
※10月以降の日程は講師都合により下記と変更の可能性がございます。予めご了承ください。
※内容構成により13:00スタートの月もございます。予めご了承下さい。
※講師・その他の都合で日程が変更になる場合がございます。予めご了承下さい。

第1回 6月24日(木) 第6回 11月16日(火)
第2回 7月27日(火) 第7回 12月7日(火)
第3回 8月31日(火) 第8回 1月18日(火)
第4回 9月28日(火) 第9回 2月15日(火)
第5回 10月19日(火) 第10回 3月15日(火)

<サポーターによる特別セッション>5回を予定

上記通常例会に加えて、通常例会と別日に本フォーラムサポーター5名(後述)による特別セッションを会期中に5回開催予定です。特別セッションは、専門家の見地からD&I推進に関する最新知見をご講演ご指導いただく機会となります。通常例会より短い時間(1.5~2時間程度)で実施する予定です。

<前期ご参加メンバーの声>

2020年は変化が多い年でした。「企業のダイバーシティ」の在り方も変わった様に感じます。ダイバーシティは「人」があってこそですが、
「人」ともあまり関わり合えない状況の中、取組を進めていく難しさも感じました。しかし、本フォーラムに参加し、専門家の方々から
取組続けることの重要性を学び、他企業の担当者同士で意見交換する事で励みになり、
自社に持ち帰り展開していく事ができました。本フォーラムは、多くの企業のダイバーシティの価値を向上させていく場であると感じております。

SGホールディングス㈱ 人事部 人材開発ユニット 担当部長 鳶川 尚子氏

今ダイバーシティ経営は、生産性の向上は基より多様な人材の意見・アイデアを経営に取り入れ、
イノベーションを創出できる組織風土の変革が強く求められるようになりました。
私達担当者もコロナ渦に屈することなく、新しい施策に挑戦していかなければなりません。
本フォーラムは有識者から最新の情報や問題解決のヒントを得られるだけでなく、
参加各社様とのディスカッションを通して多様なアイデアを共有できる貴重な場と感じています。
今後もこのネットワークを活かし、弊社のダイバーシティを推進して参ります。

㈱熊谷組 管理本部 ダイバーシティ推進部 人材活躍推進グループ部長 黒嶋 敦子氏

ダイバーシティ&インクルージョンのテーマは年々広がっています。
特に、昨年はコロナ禍で働き方が大きく変わる中、新しい課題にどのように対応すべきかヒントを頂きました。
フォーラムもオンライン開催でしたが、講師の方々が熱心にお話下さり、会場と同じような臨場感がありました。
グループディスカッションも、貴重な情報交換の機会になりました。
本フォーラムでの学びを活かし、多様な人材が活躍できる職場・社会を築いていきたいと思います。

チューリッヒ保険会社 人事部 兼 ダイバーシティ推進室 マネージャー 梅沢 房代氏

運営要領

基本理念

本フォーラムの参加メンバーは、ギブ・アンド・テイクをモットーとし、ダイバーシティに関する情報交換、課題の共有を積極的におこなう。

テーマの決定

メンバーの意見を反映し、最も関心のあるテーマを幹事・事務局で協議の上、適宜設定する。

ゲストの招聘

フォーラムメンバーによる発表と併せて、テーマに応じて最適の外部ゲストを招聘する。

クローズド会合のルール

当会議での懇談内容、その他一切をメンバー外秘として取り扱うことを全員で徹底する。

参加対象

原則として、各企業のダイバーシティ推進責任者、担当者。
(1社2名登録制。毎例会に2名で参加可能。テーマによって代理参加者の派遣も可能。幹事会社は3名参加可能。)
※2名ご登録の際、できましたら1名を管理職の方で設定いただけますと幸いです。

幹事体制:

運営幹事:(順不同)

・SGホールディングス㈱ 人事部 人材開発ユニット 担当部長 鳶川 尚子氏
・㈱JVCケンウッド サステナビリティ推進室 ダイバーシティ推進室 アシスタントマネジャー 菅谷高志氏
・チューリッヒ保険会社 人事部 兼 ダイバーシティ推進室 マネージャー 梅沢 房代氏
・TDK㈱ 人財本部 国内人財開発統括部 ダイバーシティ推進部 部長 安藤 科容子氏
・ランスタッド㈱ 人事本部 人事戦略企画 マネージャー 村松 栄子氏

サポーター:(順不同)

・㈱wiwiw  代表締役会長 博士(経営管理学)山極 清子氏
・大手前大学 現代社会学部教授・副学長 平野 光俊氏
・内閣府 内閣府地域働き方改革支援チーム委員(民間シンクタンク ダイバーシティ&ワークライフバランス研究グループ長)
渥美 由喜氏
・㈱FeelWorks 社長/㈱働きがい創造研究所会長/青山学院大学専任講師/情報経営イノベーション専門職大学客員教授 前川 孝雄氏
・ジャーナリスト 中野 円佳氏

第1回例会:(ゲスト講演/オリエンテーション/ディスカッション)

日 時:2021年6月24日(木) 13:30~17:30

基調講演
『ヤフーにおける新しい働き方・イノベーションの作り方~ギグパートナー制度について等』
・コロナ禍におけるヤフーの働き方~在宅勤務制度、新しい働き方への移行、外部人材との協業の流れ
・ギグパートナー制度導入の実態
・今後の展開について

ヤフー株式会社コーポレートグループPD統括本部 コーポレートPD本部 本部長 金谷 俊樹氏

問題提起とディスカッションのファシリテート
『コロナ禍で加速する新しい働き方とイノベーションの関係/インタラクティブディスカッション』
・自分の企業や組織での「働き方」を新たに見つめ、考え、つくるための2時間
・素材1:IMDの最新の知見「コロナ禍に伴う世界規模の働き方の変化と、今後に向けた課題と展望」
・素材2:様々な業界・企業からの参加者からの知見や洞察
・オペレーションとイノベーション、それぞれの最適解を求める対話と議論

IMD 北東アジア代表 高津 尚志氏

第2回例会:(ゲスト講演/ディスカッション)

日 時:2021年7月27日(火) 13:30~17:00

ゲスト講演
『花王におけるD&I推進の取組みについて』
・D&Iの位置付けと取組みの歴史
・育児両立支援、介護両立支援
・男性の育児参加促進への取組み
・部門・グループ会社における課題への取組み
・D&I実践に向けた啓発活動

花王株式会社 人財開発部門 D&I推進部 D&I推進部長 齋藤 菜穂子氏

第3回例会:(ゲスト講演/ディスカッション)

日 時:2021年8月31日(火) 13:30~17:00

ゲスト講演①
『SCSKにおけるシニア人材活躍推進への取り組みについて』
・シニア正社員制度導入のきっかけと目的 ~長期的なキャリアプラン構築
・シニア人材の活躍を促す施策 ~専門性向上・健康経営・ラーニングカルチャー
・課題と今後の展開について ~70歳雇用努力義務化への対応

SCSK株式会社 人事・総務本部 人事部 D&I推進課 アシスタントマネージャー 原田 信之氏

ゲスト講演②
『人生100年時代に向けたベテラン・シニア社員のキャリア支援施策「キャリア・カンバス・プログラム」』
・ソニーの紹介
・キャリア・カンバス・プログラム の考え方
・本プログラムについて

ソニーピープルソリューションズ株式会社 EC人事部 統括部長 大塚 康氏

第4回例会:(ゲスト講演/ディスカッション)

日 時:2021年9月28日(火) 13:30~17:00

ゲスト講演①
『ISO 30414に見る経営指標としてのダイバーシティ推進とグローバルでのベンチマーク指標について』

慶應義塾大学 大学院経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏

ゲスト講演②
『ワークデイにおけるダイバーシティ&インクルージョンの取り組み~VIBEについて』
・ワークデイ社内の取り組み~職場でのダイバーシティ・インクルージョンの推進とビロンギング(帰属意識)構築の取り組み
・ワークデイのダイバーシティ推進の方針
・各コミュニティの活動
・データを活用したダイバーシティ推進
・サプライヤー、顧客への支援について
・他社との連携について

ワークデイ株式会社 人事部長/プリンシパルHRビジネスパートナー 村上 絵里子氏 

研究テーマ

働き方の見直しとワーク・ライフ・バランス

・ニューノーマルに即した新たな働き方
・テレワーク・在宅勤務制度と評価、マネジメントの課題
・長時間労働削減と生産性向上
・副業・兼業など新たな働き方
・育児休業と復帰後の働き方・意識・キャリアパス(若年時からの動機づけ)
・仕事と介護の両立支援

ダイバーシティ推進

・女性、外国人、高齢者、障がい者の活躍促進と具体的な社内展開方法
・多様性を生かす組織、風土づくり
・公正な雇用機会と評価(制約社員含む)
・LGBTと企業

経営に貢献するダイバーシティ、ワーク・ライフ・バランス

・トップ、経営層によるメッセージ発信
・現場を巻き込んだダイバーシティ、ワーク・ライフ・バランス推進
・働きやすさ追求からやりがい・成果追求へ

 

女性の自律型人材・管理職(候補)の育成

・女性自身の意識改革
・キャリア開発、キャリア支援、マネジメント(若手・管理職・営業職など)
・ロールモデルの発掘と育成
・現場のマネージャーの意識改革

入会要領および参加費

入会資格

本フォーラムの主旨に賛同し、積極的な参加を希望するダイバーシティ推進責任者および担当者の方々。

お問い合わせ先

一般社団法人企業研究会  担当:市川

〒102‐0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル2F
<5月1日以降新事務所>
〒110-0015 東京都 台東区東上野1丁目13ー7 ハナブサビル
TEL:080-1393-5595

*お問い合わせの際は①メール②携帯電話の順でお願い致します。
*ご不明点など、お気軽にお問い合わせください。

お申込みはこちらからお願い致します。

参加費
当会正会員 264,000円(本体240,000円)
一   般 297,000円(本体270,000円)

・費用は1社分(2名登録可)です。
・分割請求(2分割・月割など)やお支払い時期の御相談についても承りますので、お気軽に御相談下さい。
・スタート後の途中入会の企業のお客様には残回数の会費+途中入会エントリー費用15,000円(プラス消費税)を別途頂戴致します。

●本研究会は従来、会場での開催を基本としておりましたが、2020年10月以降、コロナ禍により、オンライン開催としております。
ツールはZoomを使用することを原則と致します。
会期中(2021年6月~22年3月)に、コロナ感染拡大が沈静化し、会場でのネットワーキング、情報交流が可能となりました場合は、
全10回の通常例会、5回の特別セッション(いずれもオンライン開催)とは別途、会場での意見交換会を設定させていただく可能性が
ございます。社会状況により、判断致します。予めご了承ください。

■Zoomご利用に際しての留意事項
・受講に際して送付されたURLのみをご利用下さい
・受講用のURL、ID、パスワードの転送等には十分ご留意下さい
・受講に際してはご参加各位の属する企業・事業体規約の順守・承諾及びご自身の責任でのご利用をお願い致します。

【体験参加】

第1回例会は、会合の雰囲気など実際にご覧いただくために、前向きに入会ご検討中の方を前提に体験参加を承っております。
ご希望の方は、お申込フォームの体験参加の欄をチェックの上、WEBにてお申し込み下さい。
※ご講演部分のみの体験参加はお断りさせていただく場合があります。予めご了承下さい。

FAQ

Q1毎回2名参加可とのことですが、登録者2名とも都合がつかない場合、他の者の参加は可能ですか?

可能です。代理の方を2名様までご派遣いただけます。テーマによって御適任の方に御出席いただける仕組みです。

Q2どうしても都合がつかず誰も出席できない時はどのようになりますか?

例会後に主登録の方に、資料一式をお送り致しております。

Q3とても興味があるのですが、年間10回のプログラムは負担が大きいです。都度会費をお支払いしますので、関心がある回のみ、出席することは可能ですか?

メンバーシップと信頼に基づいた情報交換、ネットワーキングを大事にしておりますので、御希望の回だけ費用をお支払いいただいてのご参加は承っておりません。御理解をお願い致します。

Q4年間スケジュール、費用を拝見すると当社では今期の参加は明らかに難しそうです。初回は体験参加可と書いてありますので、初回だけ出席しても宜しいでしょうか?

大変恐縮ですが、初回は毎年真剣にご入会を検討して下さるお客様が多数お見えになります。スケジュール面、費用の面で明らかにご参加が難しい場合、初回のみのご参加は御遠慮下さいますようお願い致します。

Q5体験参加後、正式参加までのフローはどのようになっていますか?

体験参加の際に御登録情報をいただいておりますので、再度の御申込書ご提出は不要です。6月24日に体験参加いただいた御客様には、7月27日の第2回例会までの間にご参加可否の意志確認をさせていただきます。仮にご入会いただけない場合でも、必ず御一報いただけますよう、お願い申し上げます。
(後学の為、できましたらご参加に至らなかった理由も併せてお知らせいただけますと幸いです。)

Q6例会以外の情報交換のツールはありますか?

メンバー限定のメーリングリストで『ダイバーシティ推進』に関する情報交換がいつでも可能です。

まずは体験参加ができますので、是非、お気軽にお声掛けいただければと存じます。

多くの方のご参加をお待ちしております。