新規事業0905

第34期 新規事業開発担当幹部交流会議

お申込はこちらからお願いいたします。

【お知らせ】(2020.06.30)
7月14日(火)第1回例会(3月振替)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止とお客様の安全を考慮し、
開催延期とさせていただきました
(8
月18日(火)を第1回例会に変更し、開催予定です。)

正式参加をご検討中の方は、8月18日例会への体験参加(見学)も可能です。

【開催にあたって】
本交流会議は、企業で新規事業開発を担当、推進されている幹部・リーダーの方々を対象とした異業種交流会です。
毎月の定例会では、新規事業開発をめぐる先進企業の成功・失敗事例や、今日的トピックスに関する具体的な講演を
題材に、講師を囲んでのインタラクティブな討議を行い、そのエッセンスを毎回自社に持ち帰ることができます。
新規事業開発に役立つ発想や知識を得ていただけることは勿論、立場を同じくするメンバー同士の信頼と協力関係を
ベースとした年間の様々な交流を通じ、他社との“共創”も含めた、新規事業に繋がるヒューマンネットワークを形成
する場としても、ご活用いただけます。是非とも意欲的かつ熱意ある皆様のご参加をお待ち申し上げます。

*正式参加をご検討中の方は【体験参加(見学)】も可能です入会前に会合の雰囲気をご覧になりたい方は
   事務局(090‐6797‐1801/担当:カミジマ)までお気軽にお問合わせください。

第34期プログラム(2020年6月30日時点)

■第1回(8月18日):特別講演・グループ討議
新市場を生み出す新商品開発戦戦略 ~テプラ、ポメラほか、市場開拓型の独創的な商品開発へのチャレンジ」
   ㈱キングジム 代表取締役社長

■第2回(9月8日):ゲスト講演・グループ討議
NECにおける自社保有技術による新事業創出の取り組み、事業化の壁の越え方
   日本電気㈱ ビジネスイノベーションユニット コーポレートエグゼクティブ

■第3回(10月6日):ゲスト講演・グループ討議
リクルート流グローバル経営と新規事業を創造し続ける仕組み
㈱リクルートホールディングス㈱ 取締役 兼 専務執行役員 CHRO

開催日程

*全9回/13:30~17:00を予定(2020年6月時点)

第1回 3月23日(月)【延期】 第7回 9月8日(火)
第2回 4月20日(月)【延期】 第8回 10月6日(火)
第3回 5月15日~16日(合宿)【延期】 第9回 10月27日(火)又は30日(金)
第4回 6月16日(火)【延期】 第10回 11月27日(金)
第5回 7月14日(火)【延期】 第11回 12月22日(火)
第6回 8月18日(火)【第1回として開催】 第12回 1月19日(火)
  振替 (予定) 2月16日(火)、3月16日(火)

開催要領

【参加対象】
新規事業開発、研究・技術開発部、技術・事業企画部、マーケティング部等において、新規事業を
担当、推進されている幹部・リーダーの方々

【研究テーマ】
メンバー各社が抱えている課題、問題意識を反映し、最も関心のあるテーマを幹事・事務局で協議、
例会の講演内容や、合宿研究会における研究・討議テーマとして決定します。

【定例会の流れとグループ討議の特徴】
毎月の定例会では、新規事業開発をめぐる先進企業の成功・失敗事例や、今日的トピックスに関する
具体的な講演を題材に、講師を囲んでのインタラクティブな討議を行い、そのエッセンスを毎回自社
に持ち帰ることができます。一般的なセミナー(講演+質疑応答)と異なり、原則、講師にも後半の
グループ討議に加わっていただく特徴的なスタイルで運営しています。

【合宿研究会(5月・11月)】
時間の制約から解放されたグループ討議を通じ、「新規事業を成功に導くために必要な戦略・施策」
などのテーマについて、具体的に検討するとともに、メンバー同士の更なる親睦を図ります。

【企業見学会(10月)】
新規事業開発の現場や企業の研究施設、工場などを訪問し、視察見学と意見交流を行います。

【有志勉強会】
例会当日の午前(11:00~12:30)を活用した、新規事業に関する書籍の“輪講”を主体とする勉強会。
新規事業に関する書物を読込み、メンバーと意見交換することで、自らの理解を補うことができます。
更に市場動向や企業動向、新規事業開発担当者としての心得など、生きた情報を得ることもできます。

*ご参考:過去10年間の勉強会テキスト(書籍)一覧:
『ワイドレンズ ーイノベーションを成功に導くエコシステム戦略』(ロン アドナー)
『シリコンバレー式 最高のイノベーション』(スティーブン・S・ホフマン)
『3000億円の事業を生み出す「ビジネスプロデュース」成功の道』(三宅孝之・島崎崇 )
『ビッグバン・イノベーション』(ラリー・ダウンズ+ポール・F・ヌーネス)
『経営の失敗学』(菅野寛)
『シリアル・イノベーター 「非シリコンバレー型」イノベーションの流儀』
(アビー・グリフィン、レイモンド・L・プライス、ブルース・A・ボジャック)
『新しい市場のつくりかた』(三宅秀道)
『リーン・スタートアップ』(エリック・リース)
『ストーリーとしての競争戦略』(楠木建)
『新規事業成功の教科書』(坂本桂一)

  幹事体制:(順不同/2020年1月現在)

  コーディネーター
  合同会社SNパートナーズ 代表取締役(元 富士フイルム(株)新規事業開発本部フェロー)
  運営幹事:
  旭化成(株)                 研究・開発本部技術政策室シニアマネージャー
(株)ニコン                   FPD装置事業部企画部第二企画課主幹
  オリンパス(株)               CTO機能横断マネジメント 技術戦略,グローバル ディレクター
  古河電気工業(株)            グローバルマーケティングセールス部門新事業推進部主幹
  アサヒグループ食品(株) 研究開発本部研究開発企画部長
  宇部興産㈱                      化学カンパニー医薬事業部医薬研究所プロジェクトマネジメントG主席部員
  帝人㈱                              グローバル戦略管掌補佐
  研究協力委員:
  合同会社MOTT               代表社員(元 (株)リコーグループ技術開発本部)

  前期(第33期)参加企業:(順不同/2020年1月現在・40社50名)

   ㈱サンマーク出版/味の素㈱/アズビル㈱/アルプスアルパイン㈱/出光興産㈱/宇部興産㈱/花王㈱/㈱カネカ
   ㈱ダイセル/太陽インキ製造㈱/東芝テック㈱/㈱豊田自動織機/㈱日本触媒/川崎重工業㈱/㈱日阪製作所
   日東工業㈱/コニカミノルタビジネスアソシエイツ㈱/JXTGエネルギー㈱/THK㈱/東芝テック㈱
   豊田合成㈱/東山フイルム㈱ /富士電機㈱/日本電気㈱/日本電気㈱/ヤマハ㈱/㈱リコー/旭化成㈱
   オリンパス㈱/アサヒグループ食品㈱/帝人ファーマ㈱/古河電気工業㈱ /出光興産㈱/シチズン時計㈱
   日本特殊陶業㈱/㈱神戸製鋼所/㈱資生堂/日本ポリプロ㈱ /日本ポリプロ㈱ /日本ガイシ㈱/大日本印刷㈱
 

  参加メンバーの声

『異なる視点による本音の議論で、自らの新規事業を見つめ直す!』
   これまで、新規事業に関する様々な課題を一企業の中で悩んでいましたが、本交流会議において異業種の新事業開
   発責任者の方々と本音の議論をすることで、自らの新規事業を見つめ直すきっかけとなり、自社内では気付かなか
   った課題解決策のヒントを得ることが出来ています。また、年2回の合宿や企業見学会、毎月の定例会前に実施し
   ている有志勉強会や参加企業のショールーム等見学会においても毎回非常に活発な情報・意見交換が行われており
   私自身、実際に他の参加企業との連携による新規事業の芽も見出しています。
                                                                    旭化成(株) 研究・開発本部技術政策室シニアマネージャー
    
『自らのセンスを磨き、社内説得の武器を得る』
   新規事業のネタがない、技術の棚卸しができない、新規事業がなかなか立ち上がらない、立ち上げたが前に進まな
   い、失敗したが次につながらない、組織・風土改革がうまくいかない、人材が集まらない・育たない、、、など、
   新規事業に携わっている方々は多くの問題意識を持っています。私も同じ悩みを抱えて、5年前に本交流会議に参
   加し、その後、継続参加しています。本交流会議では1年を通して様々な事例、環境動向、新たな考え方の気づき
   が得られ、毎回、自社に持ち帰る情報がいっぱいです。得られる知識と人脈は自分の武器になりセンスを磨くこと
   につながっていると感じています。
                                    オリンパス(株) CTO機能横断マネジメント 技術戦略,グローバル ディレクター

『貴重なインプットの場』
   
新規事業が思うように立上らない、多くの会社で同じような悩みを持つ担当者や幹部が数多くいると思います。
   新規事業関連の書籍も多数出ていますが、実際には簡単ではありません。本交流会議では、様々なバックグラウン
   ドを持つメンバーと一緒に講演を聞き、ディスカッションをすることで、新規事業開発の進め方のポイントを発見
   でき、講師やメンバーからのアドバイスを通じ、「自分の考え方が正しいか?」を再確認できます。また、例会前
   の勉強会では、自分では読まないような本を輪読、討議することで理解が一層深まります。私は、社内でアウト
   プットして行くための「貴重なインプットの場」として、本交流会議を有効活用しています。
                                           古河電気工業(株) グローバルマーケティングセールス部門新事業推進部主幹

                                               

第34期研究テーマ(例示)

■経営環境、時代の変化への洞察と魅力的なテーマの探索
■明言化されない真の市場・顧客ニーズの読みと商品・事業構想
■経営首脳の思いとの意思統一、社内との意思統一、戦略の整合化
■コアコンピタンス・コア技術の定義 ~他社との差別化の源泉は?~
■組織としてイノベーションを生み出すための仕掛け(体制・仕組と運用)
■事業化の壁をどう超えるか
   ~開発、事業化のスピードアップと「GO/ STOP判断」のタイミング
■異業種・異分野との“共創”によるイノベーション
■自前主義、独自性担保とオープン・イノベーションとのバランス
■新規事業人材、優秀なマーケッターの質的・量的強化に向けた方策、他

前期(第33期)活動経過

第1回   「新生デュポンの成長戦略とイノベーション」
   デュポン㈱ 代表取締役社長
第2回   「IoT時代の日本企業をどう方向付けるか
     ~オープン&クローズ戦略とデータ利活用を必要とする時代の到来」
   東京大学 政策ビジョン研究センター シニア・リサーチャー 小川 紘一 氏
第3回   【合宿研究会】
 「新たな価値を創造する新規事業開発
       ~メンバー各社の新規事業開発の現状と課題、問題意識を踏まえて」
第4回   「コマツのデータ活用による顧客価値拡大とイノベーションの取り組み」
   ㈱小松製作所 開発本部 フェロー
第5回   「『マイクロ波化学』という新産業を創る
       ~世界中の化学産業の変革に向けた、非連続のイノベーションへの挑戦~」
   マイクロ波化学㈱ 代表取締役社長 CEO
第6回   「イノベーション活動に求められる『思考の持久力』の身に付け方
                  ~システムデザインとデザインマネジメントの方法論」
   慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 特任講師 富田 欣和 氏
第7回   「共創で創る未来 ~価値創造の仕掛けと求められる人財」
   オムロン㈱ インキュベーション推進本部 インキュベーションセンタ長
第8回   「社内にシリコンバレー流をつくる
    ~デンソーにおける『CASE+MaaS』時代のデジタルイノベーションの取組み」
   ㈱デンソー MaaS開発部 部長 兼 デジタルイノベーション室 室長
第9回   <企業見学会>
「㈱リコー 環境事業開発センター 見学と意見交換」
第10回  【合宿研究会】
「新たな価値を創造する新規事業開発    ~実践編/ケーススタディ」
第11回  「AI/IoTによるサービスイノベーション そのために大切にすべき事」
   セコム㈱ 顧問
第12回  「新規事業開発幹部が押さえておくべき『ニューロテクノロジー』の現状と未来
        ~個・無意識を知り適切な打ち手をとる、脳情報通信技術の事業への適用」
   ㈱NTTデータ経営研究所 ニューロイノベーションユニット シニアマネージャー 茨木 拓也 氏
   ㈱Universal Mind 代表取締役

参加要領

申込方法

お申込はこちらからお願いいたします。

お問い合せ

  一般社団法人企業研究会  担当:上島(かみじま)正弘
   〒102‐0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル2階
   TEL:03-6797-1801(直通)・03-5215-3511(代表)/E-mail:kamijima@bri.or.jp

参加費

   正会員:本体価格290,000円+消費税 /  一 般:本体価格320,000円+消費税

  *消費税込み、費用は1名分です。但し、合宿研究会他、特別会合は別途実費をご負担いただきます。
  *分割(二分割など)、お支払時期等、ご希望がありましたらお気軽にご相談ください。

FAQ

Q1 正式参加の前に見学することは可能でしょうか?

はい、可能です。入会ご検討中の方には、会期の途中でも体験参加(見学)をお受けいたします。

Q2 会期の途中から参加した場合の参加費はどうなりますか?

既に終了した回数分を月割りで割引いたします。

Q3 業務都合で出席できない場合、代理出席は可能ですか?

はい、可能です。通常の例会は、その日の講演内容を受けてのグループ討議がメインの「1話完結型」ですので、テーマごとの代理出席が可能です。継続的に出席いただいた方がより効果的ですが、業務都合等で出席できない場合は、代理出席者をご調整ください。

Q4 例会の座席(グループ)は毎月固定となりますか?

いいえ、第1回と合宿(5月・11月)を除き、通常の例会は「自由席」です。出来るだけ多くの方々と討議・交流いただくことを推奨しています。