事業開発をリードするイノベータ人材になるための『戦略構想・実行のビジネス知識・スキル』
 オンライン(WEB会議システム)での講演も可能

講師

株式東京大学協創プラットフォーム開発(株) パートナー

開催にあたって

「社内イノベータ」とは、大きな組織に属する技術者でありながら、製品・事業化をリードできるイノベータ人材のことである。1つの技術だけで製品・事業化されるわけでない。周辺技術と組み合わせ、営業や調達、生産といった社内の各組織や社外パートナー企業との連携が必須である。事業環境変化を的確にとらえ、自社のコア技術を活用した事業成果の期待できる戦略を構想し、実行のために社内・社外の関係者を粘り強く巻き込んでいくリーダーシップが技術者にも求められるようになってきている。会社としても、このような技術者を自然発生的に待っているのではなく、組織的として戦略的に育成していくことが必要になってきている。

当研修では、組織に属しながらも事業成果を生み出す「社内イノベータ」になるための必要な戦略構想・実行のビジネス知識・スキルについて体系的に学んでいただき、技術者としてのマインドセットを新たにしていただくことを目的とする。

 

プログラム

1.事業とは、戦略とは
 ・事業とは
 ・事業戦略のアウトプット項目
 ・「技術ー製品ービジネスモデル・エコシステム」の1セット思考
 ・マーケティングとは
 ・エンジニアのためのマーケティングとは
 ・イノベータになるためのポイント 
  ~顧客との対話による「ニーズ開発と価値創発」~
 ・経営トップからみた戦略企画の評価視点 
  ~「経営層は投資家である」という認識をもつ~
 ・戦略を財務視点から定量的に表現し、経営者とのコミュニケーションを図る

2.技術者としてもつべきマインドセットとは
 ・単なる技術者でなく「社内イノベーター」になるための9つのポイント
 ・ポイント①:技術者としての「フィロソフィー(価値観)」に基づく
  高いモチベーション&魅力的なビジョンと情熱あるリーダーシップ
 ・ポイント②:顧客の重要課題の発見
 ・ポイント③:顧客の重要課題の深い理解
 ・ポイント④:課題解決のための技術的解決アプローチ検討
 ・ポイント⑤:製品開発・量産
 ・ポイント⑥:市場浸透 
 ・ポイント⑦:課題解決に取り組む中で必要な知識に自ら気づき、自ら学習
 ・ポイント⑧:社内ポリティクスへの対応&社内の仲間づくり
 ・ポイント⑨:トップのコミットメント、社内イノベーターを支援する
        社内インフラ、イノベーターの育成

3.(ショート演習)社内イノベータになるための成長シナリオの企画
 ・自身の経験から技術者に必要な「価値観、思考・行動」を考える
 ・自社や自身を取り巻く環境変化から技術者に今後必要な
  「価値観、思考・行動」を考える
 ・自己診断と今後5年間の自身の成長シナリオの企画

(参考資料)
 ・「連続的な成果創出と個人と組織の変革」を行うプロジェクトの進め方
 ・戦略発想の新トレンド ~スタートアップ活用によるイノベーション~

ご質問・ご相談は以下担当までご連絡ください。

(一社)企業研究会 民秋(たみあき)
TEL 070-2625-4687
mail tamiaki@bri.or.jp