pixta_24120219_L

新設 オープン・イノベーション展開への理論と実践研究フォーラム

 

参加対象

●「オープン・イノベーション」に関心をお持ちの方。
●これから取り組みを検討されている方。
●既に取り組まれている中で改めて体系的に理解し実践により役立てたいと考えている各社部課長・スタッフの方。

開催にあたって

 日本企業を取り巻く経営環境はグローバル化の弛まぬ進展により厳しさを増す中、これまでになく持続的なイノベーションが求められています。特に新商(製)品・新事業開発を開発から市場まで効率且つ迅速に提供し企業成長に貢献することが喫緊の経営課題となっており、その方策であるオープン・イノベーションの導入に取り組む企業が今増えてきております。
当会ではこのような状況を踏まえ、「オープン・イノベーションとは何か」をはじめ、考え方・取り組み等の理論を体系的に学び、導入・展開への実践にお役立ていただくために、「オープン・イノベーション展開への理論と実践研究フォーラム」を新設しました。
第1期本フォーラム開催にあたり、趣旨にご賛同いただき、熱意あるメンバーの方々のご参加をお待ち申し上げております。

開催日程

日時:2018年9月13日(木)~11月8日(木) 13:00~17:00
全5回会合 計20時間、会合単位の参加も可能

 第1回例会:

日時:9月13日(木) 13:00~17:00  
会場:主婦会館プラザエフ(東京・四ッ谷)

基本解説
「オープン・イノベーションとは何か~どのように立ち上げるか~」

ナインシグマ・アジアパシフィック㈱ ヴァイスプレジデント  松本 毅氏
(前 大阪ガス㈱ 技術戦略部 オープン・イノベーション室長

全体コーディネーター 兼 ファシリテーター 

講義項目

1.オープンイノベーションを知る
•オープンイノベーションとは何か~最新潮流までを学ぶ
•国内外企業のオープンイノベーション
•大阪ガスグループ時代・オープンイノベーションの挑戦
2.オープンイノベーションの仕組みを創る
•外部技術導入の仕組みを作る
•内部の仕組みを作る
•オープンイノベーション実践手法をプロセス化する
•オープンイノベーションの阻害要因を分析し、解決策を作る
•オープンイノベーションの成功確率を高める
•システムを検証して常に改革を続ける
•グローバル・オープンイノベーション・プラットフォームの構築を目指して
3.オープン・イノベーションを進化させるーオープン・イノベーションの真髄に迫る6つのホットトピック-
①イノベーションセンター・フューチャーセンターを基軸として-未来を共に創るー
②新規事業・テーマ創出に向けて
ーSDGs社会課題をもとに事業戦略構築ー
③成果を出すオープン・イノベーションの仕組み創り
④スタートアップ・ベンチャー企業の革新的アイデア・ビジネスモデルとの協業
⑤モビリティの未来(のりもの+まちづくり+ライフ)
⑥健康・ヘルスケア等のライフ分野における新事業創造

※ 基本解説、ワールドカフェ方式による討議、グループ別発表と質疑応答 

 

第2回例会

日時:9月27日(木) 13:00~17:00 
会場:IVY HALL(東京・表参道)

ゲスト講演

「オープン・イノベーションとオープン化戦略」

横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 国際社会科学部門 教授  真鍋 誠司氏

講義項目
•オープン化戦略
•オープン・イノベーションの類型
•オープン・イノベーションと戦略性
•オープン・イノベーション組織
•補完型オープン・イノベーション
•創発型オープン・イノベーション

※ゲスト講演、対談、グループ討議・発表と質疑応答並びに講師からのコメント

第3回例会

日時:10月11日(木) 13:00~17:00 
会場:主婦会館プラザエフ(東京・四ッ谷)

ゲスト講演(1)

「共創でつくる未来 ~価値創造の仕掛けと求められる人財」

オムロン㈱ 経営基幹職 イノベーション推進本部 SDTM推進室長  竹林 一氏

講義項目
1.オムロンのDNA
2.価値創造の仕組み
3.共創を生み出す世界観
4.世界観をデザインする
5.共創を仕掛ける人財と組織

ゲスト講演(2)

「オープン・イノベーションによる新規事業創出のシナリオ」

富士フイルム㈱ R&D統括本部 先端コア技術研究所副所長 兼
経営企画本部 イノベーション戦略企画部 技術マネージャー

                          中村 善貞氏

講義項目
•富士フイルム第二の創業と新規事業創出の3つの方向
•新規技術領域へのオープン・イノベーション
•新規市場領域へのオープン・イノベーション
•新規事業創出におけるオープン・イノベーション
•化粧品事業立ち上げにおけるオープン・イノベーション
•新規事業のシナリオ創出

※ゲスト講演と質疑応答

第4回例会

日時:10月24日(水) 13:00~17:00 
会場:主婦会館プラザエフ(東京・四ッ谷)

ゲスト講演「IoT時代の日本企業をどう方向付けるか」
~オープン&クローズ戦略とデータ利活用を必要とする時代 の到来~

東京大学 政策ビジョン研究センター シニア・リサーチャー  小川 紘一氏

講義項目
1.100年に一度とも言うべき経済革命
*ビジネスエコシステムの進展
*エレクトロニクス産業でゲームチェンジ
*エレクトロニクス産業でゲームチェンジ
*アーキテクチャ思考がイノベーション思想の主役へ
2.IoT時代に企業研究会の周りでどんなことが起きるか
*至るところでゲームチェンジが起きる:自動車産業も例外ではない
*サイバー空間による価値形成
*Industrie4.0もサイバー空間で価値形成
3.日本企業の方向性(1) オープン&クローズ戦略でモノの価値を守る
*IoT時代の価値形成メカニズム:モノの価値を守る知財マネジメント
*オープン&クローズ戦略とアーキテクチャ思考が必須
*なぜオープンインベーションでなくオープン&クローズ戦略なのか
~オープンイノベーションの適用限界~
4.日本企業の方向性(2)データでモノの付加価値を高める
*モノ/Assetはデータ発生のエンジン、日本は有利な立場にある
*データは誰にものか
*モノの付加価値を高めるためのデータ所有権とアクセス権のマネジメント
*モノの付加価値を高める市場構造設計(事例紹介)

※ゲスト講演、対談、グループ別発表と質疑応答並びに講師からのコメント

第5回例会

日時:11月8日(木) 13:00~17:00 
会場:IVY HALL(東京・表参道)

競争戦略としてのオープン・イノベーション

一橋大学 イノベーション研究センター 教授  清水 洋氏

講義項目
•競争戦略としてのオープンイノベーション
•オープン研究開発ではない
•ボトルネックを構築する
•日本企業の機能分化
•オープンイノベーションのスピード面のインパクト
•みんなオープンイノベーションに進む危うさ

※ゲスト講演、対談、ワークショップ、グループ討議・発表と質疑応答並びに講師からのコメント

 

申込要領および参加費

申込方法

必要事項をご記入の上、下記宛てファクスもしくはeメールにてお申し込み下さい。

折り返し、会合案内ならびに請求書を送らせていただきます。

★備考欄に「希望会合」をお書き添え下さい。 (例/全例会参加、個別例会参加 第1回、第2回、第3回、第4回、第5回、第6回) ★講師と同業企業・同職種の方はご参加いただけない場合がございます。予めご了承下さい。

申込先

一般社団法人 企業研究会  担当:田口 (taguchi@bri.or.jp)

〒102‐0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2階
TEL:03-5215-3512  FAX:03-5215-0951

参加料

本研究会は各会合単位での選択申し込みが可能です。
全会合を参加される際は、下記の通り割引料金となります。

≪全例会(5会合、計20時間)≫

正会員:153,360円(本体 142,000円)/一 般:175,500円(本体 162,500円)

≪各例会参加料≫ 各例会 第1回~第5回 参加例会数×1日単位の参加料

 正会員:36,720円(本体34,000円)/一 般:40,500円(37,500円)

・費用は1名分(消費税込)です。

・お支払い時期や分割など、ご希望がございましたらご事情お気軽にご相談下さい。

*会員企業のご確認につきましては、当会HPの〔正会員一覧〕をご参照下さい。

FAQ

Q 1 参加費の分割払いや支払い日の指定はできますか。

はい、可能です。お気軽にご相談下さい。

Q 2 会期の途中からの参加は可能でしょうか。

例会選択でのご参加も可能です。

Q 3 どうしても欠席せざるを得ない場合は、代理人の出席は可能ですか。

はい、可能でございます。代理人の方が出席される際は、事務局までご連絡下さい。

Q 4 懇親会あるいは参加者相互あるいは講師とのコミュニケーションを深める場はありますか。

休憩時間はもとより講演中にも講師への質問がしやすい雰囲気です。参加者相互で名刺交換を通して交流されておられます。