pixta_20903577_L

新設 「ベンチャー企業への出資研究・実践フォーラム」

ベンチャー/スタートアップ企業出資への手法を巡る諸課題と対応策に関する共同研究と相互啓発のフォーラムです

■開催にあたって:

IoT、AI、FinTech等、業界秩序を大きく変革する可能性を秘めた新しいサービスが次々と登場しております。そのような環境変化に対応するために、大企業によるベンチャー企業への投資が活発化しており、そのための仕組みとして、CVCファンド(Corporate Venture Capital Fund)の設立を含め、ベンチャー企業への出資が相次いでおります。ベンチャー企業への出資の狙いは、新規事業開発や既存事業の強化であり、大企業にとって非常に有効なツールでありまりますが、一方で、成果を出すには一定のノウハウが必要であります。当フォーラムでは、ベンチャー企業との協業を促進していく上での
①立上げの苦労 ②投資先の苦労 ③本社内での説得の苦労
等につきましても、一企業では難しい課題解決・発展のヒントと推進の活力を得合っていただく事を目的としております。更に業種を超えた人的形成と協力関係が生まれる場としてもお役立ていただきたく存じます。

時間管理表

■開催日程:

○2018年8月~2019年1月(原則として1回/月の開催です ○なお、第3回例会は討議時間を長く設定し、AM10:00より、開始いたします。

第1回 2018年8月30日(木) 第4回 11月14日(水)
第2回 9月12日(水) 第5回 12月12日(水)
第3回 10月16日(火) 第6回 2019年1月15日(火)

【プログラムの内容】

 

ベンチャースタイル①

 

■運営要領:

○基本理念: 本フォーラムの参加メンバーは、ギブ・アンド・テイクをモットーとし、また守秘義務を遵守しなが    ら、主体的に研究活動の成果向上に努める。 ○前半(1.5時間)は最新動向に対する取り組みの紹介、後半(80分)は質問を各グループでとりまとめ後、全体討議を通して徹底内容理解。 ○事前に問題意識シートをもってメンバーの抱える問題、課題などを出し合い、メンバーのニーズ、問題意識を浮き彫りにし、研究課題を集約・重点化します。 ○集約・重点化された研究課題はプログラムに反映させ、前半のゲスト講演、事例研究の講師選定についても、ご参加者の討議課題に即した方々を招聘いたしております○懇親会: 研究の掘り下げ、ならびに、親睦を図るために、適宜、懇 親会も開催いたします。 ○守秘義務の遵守: 当会議での懇談内容、その他一切をメンバー外秘として取り扱う事を全員で徹底する。 ○参加対象: 本フォーラムの主旨に賛同し、情報交換、相互啓発に積極的に参画いただける方。 企業の経営企画、経理、技術センター・イノベーション推進室等を担当する経営幹部およびスタッフの方々。

■幹事体制:(順不同、敬称略)

・運営協力委員 三井化学㈱ 経営企画部主席部員 児玉 洋一氏
・運営協力委員 京セラ(株) オープンイノベーション推進3課責任者 高橋 聡氏
・運営協力委員 大正製薬(株) 医薬事業部門情報検索室長 北島 由紀子氏
・研究協力委員 横浜市立大学 国際総合科学部学部長 中條 祐介氏
 ・研究協力委員  PwCアドバイザリー合同会社  パートナー  青木 義則氏

運営協力委員からの声:三井化学(株) 経営企画部 主席部員 児玉 洋一氏 
従来のVC投資やエンジェル投資に加え、事業会社による直接投資/CVC投資やクラウドファンディングを通じた個人投資等リスクマネー供給の多様化に伴い、新事業やイノベーション創出の担い手であるベンチャー企業/事業会社を取り巻くエコシステムが急速に高度化しています。 本フォーラムでは、ベンチャーエコシステムにおいて経験豊富な講師をお招きし、ベンチャー投資/経営の実務と課題を理解するとともに、参加者同士の交流を通じて、課題解決に向けたヒントを探っていければと考えております。

研究協力委員からの声:横浜市立大学 国際総合科学部 学部長 中條 祐介氏
IoT、AIの発達が指数関数的な社会変化もたらしつつある昨今、世界中の企業が新技術、新事業の獲得競争を加速させています。このスピードに乗り遅れることなく、主要なプレーヤーの地位を維持するためには、外部資源の利活用が不可欠です。その有益なアプローチの一つがCVCファンドやベンチャー企業への出資です。これらの事例を多面的に学び、情報交換することで、自社に相応しいアプローチを見出していただきたいと存じます。

第1回例会:(講演/オリエンテーション/懇親会)

○日時:2018年8月30日(木) 14:00~18:00
○会場:東京・表参道・アイビーホール
○講演1: 「パナソニックにおけるベンチャー投資・協業の取組みと展開」
~技術開発のオープンイノベーションと新事業創出アプローチ~               

1.パナソニックのR&D戦略                     パナソニック 濱崎様お写真0704
2.ベンチャー投資市場の最新トレンド
3.パナソニックのCVC活動
4.ベンチャー協業の事例紹介
5.大企業におけるベンチャー協業の阻害要因とその解決策

く 講師:パナソニック(株)イノベーション戦略室(兼)コーポレート戦略本部
           ベンチャー戦略室ベンチャリング担当主幹
濱崎 省吾氏

第2回例会(講演/全体討議) 

○日時:2018年9月12日(水)  14:00~17:00               
会場:東京・表参道・アイビーホール
○講演2: 「CVCファンドを活用したベンチャー企業とのオープンイノベーション
            ~事業シナジー創出で押さえておく5つの視点~          青木氏お写真0704
1. CVCの現状~第二次ファンドブームに沸く日本~
2.CVCの難しさ~半数近くが苦戦、4人に1人が事業シナジーに課題
3. 事業シナジー創出で押さえておく5つの視点
4.おわりに

講師:PwCアドバイザリー合同会社  パートナー 青木 義則氏 

○第3回 例会(講演/全体討議)

○日時:2018年10月16日(火) 10:00~17:00
○会場:東京・表参道・アイビーホール                  川崎様お写真
○講演3: 「”まず、やる。”から始めるスタートアップとの付き合い方」
1.CVCが相手にするのはどんな人々か?
2.ベンチャーへの人材流入
3.サービス、使ってみていますか?
4.投資を成功させるために

*会社紹介
Fringe81(フリンジハチイチ)は2005年創業。インターネット広告を主力事業としており急成長を続ける一方、近時は基本給・成果給に次ぐ「第3の給与」としてピアボーナス(従業員同士が感謝のコメントと現金ボーナスを送る仕組み)にも注力。2017年東京証券取引所マザーズ市場上場(証券コード6550)

講師:Fringe81(株) 取締役CFO  川崎 隆史氏

 ○第4回例会講演/全体討議

○日時:2018年11月14日(水) 14:00~17:00
○会場:東京・表参道・アイビーホール
  講演4: 「オムロンにおけるイノベーション創出の取組み」            オムロンベンチャーズ 井上様お写真
~CVCの活用とオープンイノベーション~
1. オムロンの事業概要
2.イノベーション創出の取組み
3.コーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)活動
4.ベンチャー投資事例紹介
5.今後の課題

講師:オムロンベンチャーズ(株) 代表取締役社長 井上  智子氏

第5回例会講演/全体討議

○日時:2018年12月22日(水) 14:00~17:00
○会場:東京・麹町・企業研究会セミナールーム
  講演5:
 「伊藤忠テクノロジーベンチャーズ設立と今後の進展」                             中野様お写真、白黒
~国内外のイノベイティブなベンチャー企業の発掘・投資・支援活動の推進~
1.伊藤忠テクノロジーベンチャーズの事業概要
2.投資方針に当たっての留意点
3.ベンチャー投資の重要性
4.技術系スタートアップ企業の共通成功要因
5.今後のファンド組成の見通し

講師:伊藤忠テクノロジーベンチャーズ(株) 代表取締役社長 中野 慎三氏

第6回例会講演/全体討議

○日時:2019年1月15日(火) 14:00~17:00
○会場:東京・表参道・アイビーホール
  講演6:
 「積水化学工業におけるCVC活動に向けた取組み」          積水化学工業 森川様お写真
~自社ベンチャー投資・協業の取組みと展開~
1.積水化学の概要と事業展開
2.新規事業創出の課題と戦略
3.オープンイノベーションの取組み
4.ベンチャー協業事例紹介
5.高機能素材分野の投資ファンドの活用とCVC活動について
6.今後の展開

講師:積水化学工業(株)R&Dセンター R&D戦略室部長 森川 岳生氏
          同社・      高機能プラスチックスカンパニー経営企画部CVC担当課長 酒井 洋臣氏 
 

■入会要領および参加費:
○入会資格 本フォーラムの主旨に賛同し、情報交換、相互啓発に積極的に参加いただける方。 企業の経営企画、海外事業部、経理・管理等を担当する経営幹部およびスタッフの方々。 2名/1社で下記参加料にて、ご参加をいただけます。

○申込方法: 必要事項をご記入の上、下記宛てファクスもしくはEメールにてお申し込みください。 折り返し、例会案内ならびに請求書を送らせていただきます。
○申込先 : 一般社団法人企業研究会  担当:福山 誠一
〒102‐0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFRP麹町ビル 2階 TEL:03-5215-3550
FAX:03-5215-0951~2 URL:http://www.bri.or.jp
*もう少し詳しい案内もございますので、左のお問合わせボタンより、お気軽にお問い合わせください。
○参加費 正会員:216,000円(本体価格200,000円)   一般:248,400円(本体価格230,000円)        ・上記費用にて、2名/1社で、ご参加いただけます。

 

FAQ: (*以下「ベンチャー企業への出資研究・実践フォーラム」版FAQです。

   Q1 見学は可能でしょうか。
   A1 入会ご検討中の方に限り、期の途中でも体験参加可能ですので、お気軽にお声掛けください。
  Q2 参加費の分割払いや支払い日の指定はできますか。
   A2 はい、可能です。お気軽にご相談ください。
  Q3 会期の途中から参加した場合の参加費はどうなりますか。
   A3 既に終了した回数分を月割りで割引させていただきます。
   Q4 ベンチャー出資への実務経験が浅いのですが、参加可能でしょうか。
   A4 参加可能です。ベンチャー出資での実務経験が豊富な方並びにベンチャー企業に精通
          された運営協力委員及び研究協力委員をお願いさせていただ いており、そういった方々のサポート
          がございますので安心してご参加ください。
   Q5 どのような役職の方が参加しているのでしょうか。
   A5 マネージャークラス(課長クラス)の方が中心となりますが、役員の方から担当者 の方まで様々な
         お役職の方からのご参加をお待ちいたしております。当フォーラ ムでは、会社やお立場に関わらず、
         対等な立場で議論をいただきます。
   Q6 どのくらいの年齢の方が参加されるのでしょうか。
    A6 参加時に年齢を聞いているわけではないので、正確には申し上げられませんが、 30代後半から40
       代の方を中心に、60代~20代の方まで幅広くご参加いただいて おります。まずは無料で第1以 降も
         体験参加ができますので、是非、お気軽に お声掛けいただければと存じます。 多くの実務家の方の
          ご参加をお待ちしております。