第5期 高収益企業の成長戦略研究会全6回会合-

高収益企業への変革とイノベーション

商品力、事業競争力、収益力を強化・向上させ持続的成長を実現する
ダイキン工業、味の素、スリーエム ジャパン、ウェザーニューズ、三菱ケミカル、富士フイルムの戦略とは

 

参加対象

イノベーション、持続的成長と高収益体質の両立に問題意識を持たれる企画、経理、研究開発、新事業開発部門の方々。
※本音ベースで議論を深めるため、互いに守秘義務を遵守いただける方。

開催にあたって

 環境の変化のスピードと変化がもたらすインパクトがますます増大する中で、変革に取り組み、新たなイノベーションを持続させなければ、企業の成長と発展は難しいと言えます。経営戦略の新展開、新しいビジネスモデルの創造と同時にその実現を支える質の高い組織づくりこそが重要となります。本研究会は6社の変革とイノベーションに学ぶと共に、戦略を成功させ、継続して成長し続けるには、何がポイントかを議論し、これからの成長戦略、収益力向上に活かしていただくことを目的としております。
趣旨に賛同いただく熱意ある方々のご参加をお待ちしております。

開催日程

日時:2018年9月28日(金)~2019年2月 13:30~17:00と14:00~17:00

※2月の開催月日は未定。
全6回会合・6日間・計19時間、会合単位の参加も可能

 第1回会合:

日時:9月28日(金) 13:30~17:00  
会場:アイビーホール(東京・表参道)

講演1
「ダイキン工業の成長戦略とイノベーション」

ダイキン工業㈱  テクノロジー・イノベーションセンター 副所長  河原 克己

講義項目

1.会社概要
経営理念、沿革、業績推移、事業概要
2.ダイキンの経営計画
・戦略経営計画FUSIONとは
・過去のFUSIONの成果
・戦略経営計画「FUSION 20」
・全社重点戦略12のテーマ
3.テクノロジー・イノベーションセンターの設立
4.ダイキン工業の研究開発と協創イノベーションの実現
5.協創イノベーションの実現に向けたマネジメント革新
 

講演2
高収益成長企業の条件-第1~4期の研究事例より

講師 兼 コーディネーター : 清水 弘氏
アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社 シニアアドバイザー
日本工業大学 技術経営大学院  教授

 ・日本の高収益企業とは
 ・ニッチ戦略で高収益な成長のポイント
 ・高収益な成長企業の特徴 -人に着目、ぶれないビジョ、矛盾を解消する組織文化
 ・持続的な変革とイノベーションの必要性、そのためのフレームワーク

◆第2回会合

日時:10月19日(金)14:00~17:00 
会場:学士会館(東京・神田錦町)

味の素の成長戦略とイノベーション
―オープンイノベーションと新たな価値創造

味の素㈱ 常務執行役員 イノベーション研究所長  尾道 一哉氏

講義項目
1.味の素グループの概要
2.味の素グループの目指す姿
・目指す事業の方向性
・事業のグローバル展開の推進
3.味の素の成長戦略(中期経営計画)
・スペシャリティの追求
・成長ドライバーの展開
・更なる事業構造改革
・経営基盤の進化(経営イノベーション)
4.研究開発体制とネットワーク
5.オープンイノベーションの考え方
・事業戦略・研究開発戦略との連動
・推進体制と仕組み
・創造的な組織風土の醸成と人材育成
6.オープンイノベーションの具体的事例

◆第3回会合

日時:11月9日(金) 14:00~17:00 
会場:アイビーホール(東京・表参道)

3Mジャパンの成長戦略とイノベーション
―イノベーション創出の仕組みと経営システム

スリーエム ジャパン(株) 常務執行役員 島田 正志氏

講義項目
1.3M/3M Japanについて
1)事業概要、組織体制
2)3Mのビジョン
3)成長戦略
2.
3Mのイノベーションを生み出す風土と仕組み
1)15パーセント・ルール
2)ブートレッギング
3)スポンサーシップ制度
4)情報共有
3.3Mの新製品戦略
1)新製品化比率の維持、ストレッチゴール
2)テクノロジープラットフォーム
3)新製品開発のプロセス
4)3M NPI/NTIシステム
5)ゲート管理と評価
4.3Mのイノベーションを支える経営システム

◆第4回会合

日時:12月21日(金) 14:00~17:00 
会場:企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

What we can do for your Business
―サプライチェーンと気象リスク

㈱ウェザーニューズ 執行役員 環境気象事業販売主責任者  小懸 充洋氏

講義項目
1.はじめに
①私のご紹介
②皆さまへのご質問
2.これからの気候と災害
①今年の気象の振り返り(日本、グローバル)
②雪害、台風、洪水、土砂災害
③それぞれの平均気温
3.私たち会社について
①源流と歴史
②組織と文化 “情報民主主義”
③ビジョン 世界最高の気象会社になる日
④価値軸と会社バーチャルツアー
4.気象情報のできるまで
①陸、海、空、宇宙のグローバル観測網
②解析、予測技術
③ 問題発見と解決 ソリューション・サービス
④費用対効果
⑤サービスインフラ
⑥気象データとビジネスデータ
5.気象庁とWNI
①みんなの気象台、あなたの気象台
②それぞれの役割と連携効果
6.交通気象として皆さまとのお取り組み
①航空事業者さま向け
②海運事業者さま向け
③鉄道事業者さま向け
④道路管理事業者さま向け
7.環境気象としての皆さまとのお取り組み
①エネルギー(電力、ガス)会社さま向け
②製造業、小売業さま向け
③農産品事業者さま向け
8.Total Supply Chain Management
市場連携による無理、無駄の削減
①分散と集約を支援するEnergy Weather Grid Analytics
②原料供給、製造、物流、小売から消費者までの連携
9.終わりに

◆第5回会合

日時:2019年1月18日(金) 14:00~17:00 
会場:企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

三菱ケミカルにおける成長戦略とイノベーション
―収益性の向上、イノベーションの追求、サステナビリティへの貢献をめざして

三菱ケミカル株式会社 常務執行役員  垣本 昌久氏

講義項目
1.三菱ケミカルホールディングス(MCHC)の経営方針
・中期計画 “APTSIS 20”
・KAITEKI経営
・マテリアリティ・アセスメント
2.ポートフォリオの最適化と競争力強化
・主要事業の重点戦略とテーマ設定
・成長を担うべきインキュベーション事業の加速化
・グローバル展開の加速
3.研究開発体制とマネジメントの改革
・コア技術の創出と強化
・統合によるイノベーションの強化
・R&Dの三位一体運営
・オープン・シェアード型の開発を推進
・MOT(Management of Technology)指標

◆第6回会合

日時:2月開催予定 13:30~17:00 
会場:東京都内の会場を使用予定

講演1
富士フイルムの成長戦略とイノベーション
―R&Dの変革と新事業創造

富士フイルム㈱ RD統括本部先端研コア技術研究所所長 兼 経営企画本部

                        イノベーション戦略企画部部長  後藤 孝浩氏

講義項目
1.富士フイルムグループの事業構造
2.危機からの脱出ヒストリー
・ビジネス環境の変化
・強靭な企業体質の構築
・研究者の貢献
3. R&Dの変革
・R&Dの組織再構築
・研究者の行動変革
4.組織変革のポイント 事例紹介
・組織変革の3つのポイント
・勝つ組織づくり
・信頼関係づくり
5. 新規事業創造の加速
・技術と事業展開の振り返り
・技術の棚卸し
・テーマ設定の仕方
・新組織の創設

講演2 今期の事例から学ぶ変革とイノベーション

講師 兼 コーディネーター : 清水 弘氏
アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社 シニアアドバイザー
日本工業大学 技術経営大学院  教授

講義項目
 ・高収益な成長についての最近の話題
 ・今期の事例企業からの示唆
 ・持続的な変革とノベーション

 

申込要領および参加費

申込方法

必要事項をご記入の上、下記宛てファクスもしくはeメールにてお申し込み下さい。 折り返し、会合案内ならびに請求書を送らせていただきます。

★備考欄に「希望会合」をお書き添え下さい。 (例/全会合参加、個別会合参加 第1回、第2回、第3回、第4回、第5回、第6回) ★講師と同業企業・同職種の方はご参加いただけない場合がございます。予めご了承下さい。

申込先

一般社団法人 企業研究会  担当:田口 (taguchi@bri.or.jp)

〒102‐0083 東京都千代田区麹町5-7-2 MFPR麹町ビル 2階
TEL:03-5215-3512  FAX:03-5215-0951

参加料

本研究会は各会合単位での選択申し込みが可能です。
全会合を参加される際は、下記の通り割引料金となります。

≪全会合(6会合 6日間、計19時間)≫

正会員:183,600円(本体 170,000円)/一 般:210,600円(本体 195,000円)

≪各会合参加料≫ 各会合 第1回~第6回 参加会合数×1日単位の参加料

 正会員:36,720円(本体34,000円)/一 般:40,500円(37,500円)

・費用は1名分(消費税込)です。

・お支払い時期や分割など、ご希望がございましたらご事情お気軽にご相談下さい。

*会員企業のご確認につきましては、当会HPの〔正会員一覧〕をご参照下さい。

FAQ

Q 1 参加費の分割払いや支払い日の指定はできますか。

はい、可能です。お気軽にご相談下さい。

Q 2 会期の途中からの参加は可能でしょうか。

会合選択でのご参加も可能です。

Q 3 どうしても欠席せざるを得ない場合は、代理人の出席は可能ですか。

はい、可能でございます。代理人の方が出席される際は、事務局までご連絡下さい。

Q 4 懇親会あるいは参加者相互あるいは講師とのコミュニケーションを深める場はありますか。

本研究会は比較的小規模(10~20名)なので、 休憩時間はもとより講演中にも講師への質問がしやすい雰囲気です。参加者相互で名刺交換を通して交流されておられます。 また、会合後には、有志で懇親会を開催する予定です。講師が参加する場合も多いので、講演中は聞けなかった質問や参加者相互での交流にお役立ていただいております。