【WEBセミナー】
   不正の予防・早期発見のための事例でみる不正リスクの許容ライン

開催日時

     2020年7 月31日(金) 13:30 ~ 16:30(3h)

     WEBセミナー配信期間     2020年8月  4日(火)より 

受講対象

監査・経理・関連企業部門などのご担当者、または上記テーマにご関心のある方

講 師

米澤勝税理士事務所 税理士 公認不正検査士(CFE)   米澤 勝 氏

プログラム

【WEBセミナーとは】

      ◆WEBセミナーとは、企業研究会で開催するセミナーを収録し、「WEBセミナー配信期間」中に
         パソコンやスマートフォン等で視聴できるサービスです。
                セミナーに参加したいが開催日に予定がある、開催会場が遠方で参加が難しいなど、
                 様々な制約がある方にお勧めいたします。
                   (※WEBセミナーは、セミナー当日の模様を簡易編集して提供するものです。)

WEBセミナーには視聴期間がございます。
下記≪WEBセミナーご利用に際してのご案内≫を、ご確認ください。

      ◆講義資料はPDF版での提供となりますが、都合によりセミナー当日の映写使用/配布資料と異なる
         場合がございます。
         また講師への質問についてお受けする事は可能ですが、回答についてお時間を頂く場合がございます。

      ◆WEBセミナーは、協力会社である株式会社ファシオのイベント配信プラットフォーム「Delivaru」を
         使用します。また、お申込者様のメールアドレスを(社)企業研究会、㈱ファシオ、講師で共有いたします。

プログラム

 

《開催にあたって》
会計不正やデータ偽装、書類の改ざん等毎日のように企業不祥事が報じられています。日本取引所自主規制法人も2018年3月30日に公表した「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」の趣旨で、「不祥事がまれな事象でなくなった現状において、不祥事の発生そのものを予防する取組みが上場会社の間で実効性を持って進められる必要性が高まって」いることを挙げています。本セミナーでは、会計不正事例の最新動向を概説した上で不正防止に失敗した事例を参考に、「不正リスクの許容ライン」つまり、どこまでの不正リスクを許容するか、不正防止のための必要最小限の対策はどこまで講じるべきか「上場会社における不祥事予防のプリンシプル」の趣旨を踏まえながら解説していきます。

《プログラム》
1.最近の会計不正をめぐる動向
(1) 公表されたデータから見る会計不正 
(2) 第三者委員会等の設置状況 
(3)証券取引等監視委員会「開示検査事例集」 
(4) 日本取引所自主規制法人「上場会社における不祥事予防のプリンシパル」

2.不正リスクの許容ライン
(1) 子会社不正            
(2) 中国企業との取引
(3) 再発する不正のリスク       
(4) 従業員による横領

3.不正防止対策の現状(早期発見策・再発防止策の検証)
(1) 変化する内部監査部門の位置づけ 
(2) 会計監査人のローテーション
(3) 内部通報制度の整備

≪WEBセミナーご利用に際してのご案内≫

     ◎お申込確認後、視聴ページのログインID/パスワードをお送りします。
      セミナー視聴期間は「視聴ページにログインしていただいてから 21日間」となります。
     ◎WEBセミナーお申込の前に 『WEBセミナー利用規約』 必ずご確認ください。

     ◎WEBセミナーお申込の前に、以下URLにて必ず動作確認をしてください。
          ご試聴の際はURL下部『ID』『PASS』をご利用ください。
                  ※視聴が出来ない方は本セミナーをご利用いただけません。

                 URL   deliveru.jp/pretest5/
                 ID       livetest55
                 PASS  livetest55

受 講 料

会員:33,000円(本体 30,000円)/一般:36,300円(本体 33,000円)

※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。

担 当

セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )