[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 181483
年金会計  ~知っておくべき実務の全て
    ・ 担当者のための「処理を間違えないための実務の勘所」
    ・ 担当役員、管理者のための「年金で失敗しないために知っておくべきポイント」

開催日時・会場

2018年06月12日(火曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画部門、経理部門、内部監査部門 他のスタッフ、マネジャーの方々

講 師

公認会計士(公益社団法人)日本証券アナリスト協会 検定会員  井上 雅彦氏

プログラム

 開催にあたって

【講師からのメッセージ】
   年金会計の実務対応には他の経理項目に比べ、円滑な実務対応や引継ぎが難しい分野となっています。しかも財務諸表のみならず経営戦略や人事戦略上も重要な影響を及ぼします。経理・管理部門の人材が十分でないなか、年金会計周りの実務対応は特定の方に知識・ノウハウが集中する傾向があり、企業の経理対応や人材育成上も大きなネックになる場合があります。
   本講座では、実務者、管理者が実務で失敗しないための制度・会計・数理・税務のポイントをわかりやすく解説し実務の勘どころを習得します。また役員や財務責任者の方々は、年金会計や年金税務が財務諸表や管理会計に及ぼす影響について、外部及び内部の利害関係者に適切に説明する必要があります。
   そこで、役員、責任者が押さえておくべき年金制度やガバナンスの要諦、そして財務諸表や管理会計上知っておくべきポイントをわかりやすく解説し、「押さえるべきポイント」と「実態を掴む見方」を伝授します。
   この機会に 担当役員の方々、経理・人事部門等の方々の積極的ご参加をお薦め致します。

 プログラム

 1. なるほど納得、数理計算
 2. 年金会計実務で陥る落とし穴
 3. 年金制度の理解と会計への影響
 4.役員の視点でとらえた年金の財務諸表に及ぼす影響
 5.人事の側面からの計数把握と管理会計への応用
 6.年金制度、年金ガバナンスの要諦
<質疑応答>

受 講 料

会員:42,120円(本体 39,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516 )