[事業コード] 181618
海外子会社のグローバル・ガバナンス

開催日時・会場

2018年06月06日(水曜日) 13:00~17:00
厚生会館ホテル(東京 ・平河町)

受講対象

監査・総務・法務部門他

講 師

コンサルビューション株式会社 代表取締役 中小企業診断士  高原 彦二郎氏
合同会社 シー・エム・パス  代表
コンサルビューョン株式会社 パートナー コンサルタント   芝 正孝氏

プログラム

 開催にあたって

   日本企業の海外展開が加速する一方で、日本では予想ができない様々な海外ビジネスリスクへの適確な対応が日本本社に求められてきています。今までの日本企業の多くは、駐在員を現地の責任者として派遣する事でそのビジネスリスクへの対応を行って参りました。しかし、駐在員コストの問題とコスト削減、海外のビジネス文化を知り、海外子会社を経営する事ができる人財の不足等から、今まで以上に本社が中心となり海外子会社のガバナンスを確立する事が求められてきています。
   本セミナーでは、本社海外事業の管理部門が対応すべきグローバルリスクとそのリスクマネジメント手法、および海外子会社全体のガバナンスをどの様に行うべきかの手法を学ぶ事を目的としております。
   なお、一般にガバナンス関連のセミナーでは、理論の説明に終始するケースが見受けられますが、本セミナーでは本社の策定するユニバーサル・ポリシーを中心に、ガバナンス理論をどの様に海外子会社全体に、実務として落とし込んでいくかについて、実務者の観点から御説明をさせて頂く予定です。

 プログラム

1.効果的な海外子会社のビジネスリスクマネジメントとは
      (1)ガバナンス対象の見極め
      (2)異文化とリスクアプローチ
      (3)CSPとの整合性とビジネスリスクマネジメント
      (4)ALARP原則とは

2.グローバル・ガバナンスを成功させるには
      (1)海外現地法人が置かれている環境について
      (2)グローバル・ガバナンスのために日本の本社が取り組むべき課題とは
      (3)望ましいグローバル・ガバナンスのあり方について
               ・ガバナンス上の対立について
               ・「孫悟空型グローバル・ガバナンス手法」のご紹介
               ・「孫悟空型グローバル・ガバナンス」に欠かせない「形式知」三要素

※同業他社の方のお申し込みにつきましては、お受け致しかねる場合がございますので、ご了承下さい。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3512 )

セミナー申込