[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 181603
生産効率を上げるための『仕事時短術』向上セミナー

開催日時・会場

2018年06月11日(月曜日) 09:30~12:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

仕事の時短スキルを習得したい方

講 師

プロビティコンサルティング株式会社 パートナー講師  森 真一氏

プログラム

 開催にあたって

   働き方改革による生産効率の向上が大きなテーマになっています。
   このセミナーでは、仕事のスピードをアップすることで生産効率を上げるための時短のスキルを、講義ばかりではなく、ワークを通して具体的・実践的に解説します。

 プログラム

1.なぜ仕事の時短が必要なのか
      (1)労働時間削減への対応
      (2)人手不足への対応
      (3)業務のIT・AI化への対応
      (4)仕事の時短を考える(個人ワーク)
      (5)仕事の時短を考える(グループシェア)

2.ヒューマンエラーの防止
      (1)ミスをすると大きなロスタイムが発生する
      (2)ヒューマンエラー(人的ミス)の3分類
               ・認知ミス
               ・判断ミス
               ・行動ミス
      (3)ヒューマンエラー(人的ミス)の防止対策
               ・心構え
               ・ツールの活用
      (4)ヒューマンエラー(人的ミス)の防止(ディスカッション)

3.仕事時短術の準備
      (1)仕事の分類
               ・定型業務(ルーチンワーク)
               ・非定型業務
               ・報連相業務(報告・連絡・相談)
               ・企画業務
      (2)仕事の棚卸しシートを作成する①(個人ワーク)
      (3)仕事の棚卸しシートを作成する②(グループシェア)
      (4)時短できる仕事を考える(ディスカッション)
      (5)時短できる仕事を考える(発表)

4.仕事時短術の実践
      (1)やることリストの活用(アイビーリーの25,000ドルのアイディア)
      (2)フォーマットの活用(仕事を型にはめる)
               ・企画書、報告書、議事録、その他
               ・TTP(できる人のやり方を徹底的にパクる)
      (3)報連相の効率化
               ・結果報告「PREP法(結論・理由・具体例・結論)を使う」
               ・途中経過報告(企画書・報告書は60%の完成時点で報告)
               ・メール連絡(定型文の用意・すぐに返信する)
               ・電話連絡(用件を整理してから電話する)
      (4)すぐに着手する(鉄は熱いうちに打て)
      (5)デッドライン(締切日)を早く設定する
      (6)仕事時短シートの作成①(個人ワーク)
      (7)仕事時短シートの作成②(グループシェア)
      (8)仕事時短シートの作成③(発表)

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )