[事業コード] 181556
【WEBセミナー】
  外為法並びに米国OFAC規制に基づく経済制裁への実務対応

開催日時

     2018年 5月 29日(火)13:00 ~ 17:00

     WEBセミナー配信期間     6月  4日(月) ~  6月  25日(月)

受講対象

法務部門、財務部門、海外事業部門など関連部門のご担当者

講 師

弁護士法人三宅法律事務所 シニアパートナー 弁護士  渡邉 雅之氏

プログラム

【WEBセミナーとは】

      ◆WEBセミナーとは、企業研究会で開催するセミナーを収録し、「WEBセミナー配信期間」中に
         パソコンやスマートフォン等で視聴できるサービスです。
                セミナーに参加したいが開催日に予定がある、開催会場が遠方で参加が難しいなど、
                 様々な制約がある方にお勧めいたします。
                   (※WEBセミナーは、セミナー当日の模様を簡易編集して提供するものです。)

      ◆講義資料はPDF版での提供となりますが、都合によりセミナー当日の映写使用/配布資料と異なる
         場合がございます。
         また講師への質問は、一部のセミナーを除きお受けすることができません。予めご承知置き下さい。

      ◆WEBセミナーは、協力会社である株式会社ファシオのイベント配信プラットフォーム「Delivaru」を
         使用します。また、お申込者様のメールアドレスを(社)企業研究会と㈱ファシオで共有いたします。

開催にあたって

   本セミナーでは、日本の外為法に基づく経済制裁や、米国のOFAC規制による経済制裁の日本企業に与える影響、
および対処方法について解説いたします。

プログラム

1.外為法の経済制裁対応の内部管理体制
      (1)近時の経済制裁者リスト
      (2)外国為替検査マニュアルと検査指摘事例集によって求められる内部管理体制

2.米国のOFAC規制
      (1)OFAC規制の枠組み
      (2)SDNリスト
      (3)制裁事例に基づく検討
               ・米上院国土安全保障
               ・政府問題委員会 常設調査小委員会 報告書(HSBC銀行)
               ・FBI プレスリリース 2014.6.30(BNPパリバ銀行):89億ドルの制裁金
               ・NY州金融サービス局 2014.8.19(スタンダードチャータード銀行)30億ドルの制裁金
               ・日本の大手行がNY州から受けた制裁金事例
      (4)トランプ政権下での制裁強化
               ・北朝鮮:大統領令による北朝鮮と取引のある個人や企業、銀行を対象とする
                  米国独自の新たな経済制裁
               ・イラン:「包括的共同作業計画」(JCPOA)合意事項の廃棄?
               ・キューバ:制裁緩和措置(渡航・商取引)の一部を撤廃または制限

≪WEBセミナーご利用に際してのご案内≫

     ◎WEBセミナー受講をご希望の方は、2018年 5月 29日(火)までにお申込みください。
          後日、ID/パスワードをお送りします。
     ◎WEBセミナーお申込の前に 『WEBセミナー利用規約』 必ずご確認ください。
     ◎WEBセミナーお申込の前に、以下URLにて必ず動作確認をしてください。
          ご試聴の際はURL下部『ID』『PASS』をご利用ください。
                  ※視聴が出来ない方は本セミナーをご利用いただけません。

                 URL   deliveru.jp/pretest5/
                 ID       livetest55
                 PASS  livetest55

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込