[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 181288
減損会計:経営判断に役立ち、監査 のポイントを知る!
-経営判断上、監査上の重要論点を網羅-

開催日時・会場

2018年05月24日(木曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画部門、経理部門、内部監査部門 他のスタッフ、マネジャーの方々

講 師

公認会計士(公益社団法人)日本証券アナリスト協会 検定会員  井上 雅彦氏

プログラム

 開催にあたって

―井上講師からのメッセージ―
   固定資産の減損会計やのれんの評価は経営上の重要な意思決定に直接に関わってきます。減損に係る「評価や会計処理」の結果が経営そのものを左右することもあります。経営戦略とその遂行の結果に繋がる固定資産や、のれんに係る減損の判断は経営に直結する判断として大変重要な論点ですが、この減損の判定や会計処理は一定の幅があり、判断も難しいところです。それは、外部環境や競争環境が激変する中、不確実な将来事象を取り上げ、期末時点での最善の見積もりを要求されるためです。
   本セミナーでは会計上の固定資産やのれんの評価や減損処理を行う上で、経営の観点から、また実務対応の点からポイントとなる点を押さえると共に、監査上備えておくべき対応を明らかにします。
   この機会に企画管理部門、経理部門、内部監査部門等の方々の積極的ご参加をお薦めします。

 プログラム

1.会計上の見積もりとは
      (1)財務諸表における会計上の見積もり
      (2)会計上の見積もりの変更と誤謬との関係
2.固定資産の減損の考え方と会計処理のポイント
3.のれんの評価と会計処理のポイント
4.経営判断に必要な知識、ノウハウ
5.監査で見られるポイントと準備すべき事項 

<質疑応答>

受 講 料

会員:42,120円(本体 39,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5315-3516)