[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 181573
初めての人のための決算書の読み方入門講座

開催日時・会場

2018年05月23日(水曜日) 09:30~12:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

決算書の読み方を基礎から学びたい方

講 師

プロビティコンサルティング株式会社 パートナー講師  森 真一氏

プログラム

 開催にあたって

   「貸借対照表」「損益計算書」に代表される決算書を見ても何だかよくわからない。
   そんな悩みをもっていませんか?会社にとって決算書は、1年の仕事の成果を総合的に評価する成績表です。
   それだけに、決算書を正しく読むことは、ビジネスパーソンには必須のスキルと言えます。
   本セミナーでは、債権回収のプロとして本当に使える決算書の活用を体験してきた講師が、とにかく短時間で
   わかりやすく解説します。
   また、講義ばかりではなくワーク(計算演習)を通して実践的に学べます。

【セミナー受講の3つの効果】
      1.決算書の基本を簡単マスター
      2.決算書の押さえどころがスグわかる
      3.簡単な経営分析・経営効率分析までわかりやすく解説

 プログラム

   1. 決算書には2人の主役がいる!
       (1)貸借対照表(BS)
       (2)損益計算書(PL)

   2. BS(貸借対照表)には3つの家と6つの部屋
       (1)BSの3つの家と6つの部屋
       (2)資産(流動資産・固定資産・繰延資産)
       (3)負債(流動負債・固定負債)
       (4)純資産(自己資本)

   3. 流動資産と固定資産の掟
       (1)流動資産の掟
       (2)固定資産の掟

   4. 流動負債と固定負債の掟
       (1)流動負債の掟
       (2)固定負債の掟

   5. 自己資本と他人資本の掟
       (1)自己資本の掟
       (2)他人資本の掟

   6. BS(貸借対照表)の重要な公式
       (1)純資産=資産-負債

   7. PL(損益計算書)の5つの利益の掟
       (1)売上総利益
       (2)営業利益
       (3)経常利益
       (4)税引前当期純利益
       (5)当期純利益

   8. 経営分析の3つの重要指標【演習】
       (1)自己資本比率
       (2)流動比率
       (3)売上高営業利益率

   9. 経営効率分析の2つの重要指標【演習】
       (1)ROE(自己資本利益率)
       (2)ROA(総資産利益率)

10. 最後の大物キャッシュフロー計算書
       (1)営業キャッシュフロー
       (2)投資キャッシュフロー
       (3)財務キャッシュフロー

※参加者は電卓をご持参願います。
※本セミナーは『社内研修』としての開催も可能です。詳しくは下記担当までお問い合わせください。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )