[事業コード] 181345
『2018年シンガポール予算案』から観るシンガポール展望

開催日時・会場

2018年05月11日(金曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

・シンガポールに拠点を置いている企業
・シンガポールを拠点にASEANへ進出している企業
・シンガポールへの進出を検討されている企業のご担当者

講 師

Tokyo Consulting Firm Co., Pte. Ltd.(東京コンサルティンググループ)  岩城 徳朗氏

プログラム

 開催にあたって

   『2018年予算案』は、シンガポールにおいて大きな転換点が多く含まれる内容となりそうです。
   今後、少子高齢化が進むシンガポールにあって、国が描く将来図を丁寧に読み解いていき、その情報を基に今後のシンガポールでビジネス活動をどう進めるべきかを解説していきたいと思います。
   その他、最新のシンガポール情報(労務管理や基礎知識)についても併せてご案内いたします。

 プログラム

1.2018年予算案解説
      (1)Wage Credit Scheme(WCS)の延長
      (2)YA2018におけるCorporate Tax (CIT) rebateについて
      (3)新設法人のための免税スキーム及び既存法人に対する部分免税スキームの見直し
      (4)GSTの料率変更について
      (5)輸入サービスに対するGSTの導入
      (6)その他予算案全体変更点について

2.予算案から観る今後のシンガポール政策の展望
      (1)予算案にともなう労務面での法改正等
      (2)シンガポールが求める持続可能な組織運営について

3.国際税務戦略とリスク
      (1)シンガポールにおける国際税務戦略
      (2)最新シンガポール移転価格税制
      (3)タックスヘイブン対策税制とASEAN諸国

4.人事マネジメント
      (1)最新シンガポール雇用法
      (2)各国雇用法と労務管理

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込