[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 170072
第14期グローバル・ビジネスリスクマネジメントコ-ス第8回
   日本企業は改訂COSO ERMから何を学ぶべきか?
      ~リスクマネジメントの現状・課題と改訂COSO ERMの活用~

開催日時・会場

2018年04月19日(木曜日) 14:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

内部監査・監査役・リスクマネジメント・法務・CSR部門他

講 師

プロティビティLLC 最高経営責任者兼会長  神林 比洋雄氏

プログラム

開催にあたって

   近時、株価が四半世紀ぶりの回復を示してきているものの、日本企業の稼ぐ力は欧米諸国の後塵を拝し、さらには品質問題等日本企業の信頼性に影を落としかねない不祥事が絶えません。稼ぐ力を回復強化する一方で不祥事を予防抑制するには、機を見るに敏であるとともに転ばぬ先の杖をしっかりと持たねばなりません。縦の論理にこだわり、変化への強い抵抗感がくすぶる組織風土においては、グローバル競争を勝ち抜くことはできません。
   変化をリスクと捉え、リスクを機会と脅威の両面から捉えることで、個別リスク中心の従来型リスク管理から全社横断的な視点を取り入れていくことが日本企業の喫緊の課題となっています。
   本講座では、戦略とパフォーマンスを支える全社的視点をベースにしたEnterprise Risk Management(COSO ERM)をいかに活用実践するか、そのエッセンスを整理します。

プログラム

   1.何故、今、COSOERMが注目を集めるのか?
   2.改訂COSOERMの要点とは~リスク選好と許容度、カルチャー
   3.改訂COSOERMを如何に活用すべきか?
   4.ERMと内部統制の関係とは?
   5.日本企業のリスクマネジメントの今後の在り方とは?

 ※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3512 )