[事業コード] 181201
業務委託契約の基本と実務

開催日時・会場

2018年04月23日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

総務・法務、監査の各部門にご所属され、業務委託契約の実務にご関心のある方

講 師

長谷川俊明法律事務所 弁護士  長谷川 俊明氏
           弁護士  中山 創氏

プログラム

 開催にあたって

   「先の見通せないリスクの時代」とされる今、ビジネス活動は、日々多種多様なリスクに見舞われています。そうした新たなリスクにも対応するのに必要となるのが、“リスクのアウトソーシング”のための業務委託契約です。
   そこで、今回は業務委託契約の基本を、典型的な類型から比較的新しい類型まで、各種の契約書を題材に解説していきます。

 プログラム

【1】業務委託契約の機能
        (1)業務委託契約とは
        (2)外部委託契約の類型
        (3)業務委託契約の種類

【2】業務委託契約のトラブル事例の検証
        (1)廃棄カツ不正横流し事件
        (2)委託先,再委託先からの顧客・個人情報流出事件
        (3)廃棄したパソコンからの情報流出事故
        (4)産業廃棄物の不法投棄をした会社役員への株主代表訴訟
        (5)システム開発委託契約のトラブル事例

【3】業務委託契約の利用上のキーポイント
        (1)業務委託契約と民法改正
        (2)マイナンバー制度の導入と個人データ処理などの外部委託
        (3)下請法と業務委託
        (4)サプライチェーンマネジメントと業務委託

【4】契約条項の文例に基づく解説
        (1)製造委託基本契約・OEM取引基本契約 ⇒ポイントとなる条項
        (2)システム開発委託契約 ⇒ポイントとなる条項
        (3)特定個人情報(マイナンバー)管理委託契約 ⇒ポイントとなる条項
        (4)匿名加工情報分析業務委託契約 ⇒ポイントとなる条項
        (5)データ消去・廃棄委託契約 ⇒ポイントとなる条項
        (6)取締役会実効性評価業務委託契約 ⇒ポイントとなる条項
        (7)内部通報外部窓口業務委託契約 ⇒ポイントとなる条項
        (8)その他の契約

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3513 )

セミナー申込