[事業コード] 181231
IoTやAIをより効率よく利用するために知っておきたい
ビッグデータ保護・活用に関する法整備の動向と留意点

開催日時・会場

2018年04月19日(木曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、知財部門のご担当者

講 師

森・濱田松本法律事務所 弁護士  佐々木 奏氏

プログラム

 開催にあたって

   近時モノのインターネット化(IoT)やビッグデータ(Big Data)、人工知能(AI)、ロボットなどに代表される「第4次産業革命」と呼ばれる産業・技術革新が進んでおり、例えばIoTを活用することにより、工場の機械の稼働状況から交通、気象、個人の健康状況まで様々な情報(データ)を収集し、これにAIを用いて解析・利用することで新たな付加価値が生まれるなどしています。
   今回、このセミナーではIoTやAIに不可欠なビッグデータの保護と活用に関する法制度を概観するとともに、その留意点を詳しく解説いたします。

 プログラム

1.はじめに―ビッグデータとは?

2.ビッグデータに関する権利の保護と留意点
      (1)著作権法による保護
      (2)不正競争防止法による保護
      (3)民法による保護
      (4)契約による保護
      (5)不正競争防止法の改正の動き

3.ビッグデータの活用を巡る規制と留意点
      (1)個人情報保護法による規制
      (2)通信の秘密による規制
      (3)不正アクセス禁止法による規制
      (4)その他の規制

4.ビッグデータに関する取引上の留意点
      (1)留意すべき契約条項
      (2)独占禁止法上の留意点

<質疑応答>

受 講 料

会員:30,240円(本体 28,000円)/一般:32,400円(本体 30,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5215-3550 )

セミナー申込