[事業コード] 172957
『人工知能(AI)ビジネス』の理解と法務・知財上の留意点

開催日時・会場

2018年03月14日(水曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、知的財産部門、情報システム部門等の関連部門のご担当者

講 師

ジャパンマネジメントシステムズ株式会社 代表取締役社長/人工知能ビジネス創出協会 理事     前 一樹氏
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業 シニアパートナー 弁護士/人工知能ビジネス創出協会 理事  早川 真崇氏
特許業務法人磯野国際特許商標事務所 代表社員/人工知能ビジネス創出協会 理事          町田 能章氏

プログラム 

セッション1
  『人工知能ビジネスの取り組み方と留意点』

      人工知能は、様々な業界のビジネスを変革する技術として注目されています。しかし、人工知能の研究者・
       技術者を有し、技術開発にふんだんに投資ができる企業は、ごく一握りです。十分なリソースを社内に持た
       ない多くの企業にとって、現時点で活用可能な人工知能の技術やサービスとはどのようなものでしょうか?
       また、人工知能ビジネスに取り組むに当たって、留意すべき点はどのようなことでしょうか?
       本講座ではこれらについて解説いたします。

   1.AIで何ができるようになったのか
         (1)AI開発の歴史
         (2)IoT・ビッグデータとの関係
         (3)第4次産業革命とは
         (4)職業がなくなる?

   2.AIをビジネスに導入するにあたっての留意点
         (1)プロジェクトの立ち上げについて
         (2)差別化について考える
         (3)法的留意点
         (4)知財的留意点

   3.AIを導入しやすいケースとは
                                                               ■ご講演 前 一樹氏

セッション2
  『ユースケースで学ぶ、人工知能ビジネスを成功させるために押さえておきたい法的留意点と心得』
          ~ビッグデータの収集・利活用をめぐる法的問題点を中心に~

   1.人工知能(AI)に関わる法的問題点の概観
         (1)中長期的なAIをめぐる法的問題点の外観
         (2)論点整理~AIの自律的作用をめぐる特有の論点
                  ・AI創作物と知財
                  ・AIにより自動集積されたデータベースの取扱い
                  ・ロボット、自動走行をめぐる問題点など

   2.AI技術の活用による事業化を検討する上でのポイント
   3.AIビジネスに必要な要素~IoT、ビッグデータとの関係

   4.ビッグデータの収集・利活用に当たっての法的留意点
         (1)「営業秘密」(不正競争防止法)侵害リスク
         (2)著作権侵害リスク
         (3)個人情報保護法違反リスク
         (4)不法行為該当リスク(プライバシー、肖像権侵害等)
         (5)データ取引に関する契約上の留意点
         (6)その他

   5.ユースケースで学ぶ、人工知能ビジネスを成功させるために押さえておきたい法的留意点と心得
         (1)モデル1(公益が主目的、個人情報等を含まないユースケース)
         (2)モデル2(事業者の収益向上が主目的、個人情報等を含まないユースケース)
         (3)モデル3(公益が主目的、個人情報等を含むユースケース)
         (4)モデル4(事業者の収益向上が主目的、個人情報等を含むユースケース)
         (5)取引事例に関する法的留意点
         (6)人工知能ビジネスを成功させるためのプラスアルファの配慮事項
                                                               ■ご講演 早川 真崇氏

セッション3 
  『人工知能ビジネスを保護可能な知的財産制度の現状と問題点』

       人工知能の利活用が進むにつれて、学習済みモデルやAI創作物(人工知能により生み出された創作物)など
       新たな情報財への関心が高まり、これら情報財の保護の在り方についての議論が進んでいます。
       本講座では、知的財産戦略本部・新たな情報財検討委員会報告書、特許審査基準に追加されたAI関連発明の
       事例を踏まえつつ、人工知能ビジネスに必要なデータや学習済みモデル、さらにはAI創作物について、知的
       財産権による保護の現状と問題点をご紹介するとともに、人工知能ビジネスにおける知財戦略をご紹介いた
       します。

   1.はじめに
         ・本講座における人工知能のイメージ

   2.知的財産権の基礎
         (1)特許権(特許制度の概要、保護対象、特許要件、ソフトウエア関連発明の概要)
         (2)プログラム、データベースに関する著作権
         (3)不正競争防止法(営業秘密)

   3.データ、学習済みモデルは保護されるのか?
         (1)データ、データセットの発明該当性(審査基準の事例紹介)
         (2)学習済みモデルの保護の可能性
         (3)学習済みモデルの発明該当性(審査基準の事例紹介)
         (4)「派生モデル」と「蒸留」を巡る特許上の問題点

   4.データ、学習済みモデルは誰のモノ?
         (1)データ・オーナシップ
         (2)学習済みモデルは誰のモノか
         (3)共同開発契約における知財上の留意点

   5.AI創作物を巡る知財上の問題点
         (1)AI創作物は保護されるのか?
         (2)人工知能が提案した化合物・医薬は特許されるか?

   6.人工知能ビジネスにおける知財戦略
         (1)オープン・クローズ戦略の概要
         (2)人工知能ビジネスのオープン・クローズ戦略
         (3)法改正の動向
                                                               ■ご講演 町田 能章氏

受 講 料

会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:43,200円(本体 40,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込