[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 171901
これだけは押さえておきたい
中国コンプライアンスの基礎知識と実務対応
~日本国弁護士と中国律師が他社事例を織り込んで徹底解説~

開催日時・会場

2018年03月01日(木曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

海外事業・法務・関係会社部門のご担当者

講 師

AZ MORE国際法律事務所 パートナー 弁護士  小堀 光一 氏
上海博京律師事務所      パートナー 律師   徐 大鵬 氏

プログラム

開催にあたって

   中国事業ご担当の皆様は、中国事業のリスクについてどの程度理解されているでしょう?幾度となく繰り返された中国進出ブームと撤退ブームを経て、中国現地法人に事業リスクに対するノウハウが蓄積をされている企業もあるでしょう。
   他方で、①中国進出して何年(何十年)も経つが日本側に管理する部署がない②日本側海外事業部の中で中国事業だけがブラックボックス化している③日本側担当者が中国駐在から数年以上経過している、又は中国駐在経験がなく現在の中国像を捉えられていない、などの問題点を抱えている企業も多数見受けられます。
   そこで今回は、日本本社・中国現地法人のいずれも顧問先とする日中弁護士が、日本本社側・中国現地法人側の立場から中国コンプライアンスを語り、日本本社の皆様にいかに中国の事業リスクに向き合うべきかを詳しく解説いたします。

プログラム

1.日本企業の中国コンプライアンス違反報道と他社相談事例
      ≪目的≫~コンプライアンス違反、他社相談事例の現実を知る~
                    (1)会社によるコンプライアンス違反報道
                                カルテル事件報道、密輸事件報道、贈賄事件報道
                    (2)個人によるコンプライアンス違反報道
                                親族名義の会社を利用した取引報道、機密文書の売買報道
                    (3)日本本社による他社相談事例
                                ア 通常業務編(各地の就業規則統一、グローバル規程の適用、経済補償金ルール)
                                イ 緊急業務編(総経理逮捕事例、税関調査事例、工商局立入り事例)
                                ウ 撤退業務編(夜逃げの可否、スケジュールの立て方、総経理早期帰国の可否)

2.中国コンプライアンスに対する誤ったイメージをなくすことから
      ≪目的≫~中国コンプライアンスに対する誤解がないか確認する~
                    (1)「中国現地法人の問題は全て中国現地法人が解決すべき」なのだろうか?
                                日本会社法上の法的リスクと中国会社法の法的リスクから
                    (2)「中国現地法人は全ての情報を日本本社に報告している」のだろうか?
                                実際に現地駐在員から耳打ちされた複数の言葉から
                    (3)「駐在員は生じた問題を駐在期間中に解決している」のだろうか?
                                実際に現地駐在員から耳打ちされた複数の言葉から
                    (4)「中国現地法人は、日本本社のコンプライアンス管理を歓迎する」のだろうか?
                                実際に現地駐在員に呆れられた・怒られた複数の言葉から
                    (5)「それでは、中国現地法人に違法行為はない、又はバレない」のだろうか?
                                違法行為発生リスク・露見リスクは「今」高まっている

3.日本本社として中国コンプライアンスにどこから取り組むか
      ≪目的≫~中国コンプライアンス取り組みの段取りを知る~
                    (1)中国コンプライアンス実現までの3ステップ
                                贈収賄禁止規程の作成を前提にヒアリング、ドキュメンテーション、レクチャー
                    (2)失敗他社事例
                                ア 本社 VS中国現地法人(日本駐在員+中国人幹部+一般社員)となった事例
                                イ 本社+日本人駐在員VS中国人幹部+一般社員となった事例
                    (3)ステップ1 ヒアリングの段取り
                                ア 目的の確認と根回し
                                イ 現地法人一般社員へのアプローチがカギ
                                ウ 現地法人中国人幹部の協力がカギ
                    (4)ステップ2 ドキュメンテーションの段取り
                                ア 基本となる3つの作法
                                イ ドラフトからセミファイナルまでの流れ
                                ウ ファイナルからその後の観察作業
                    (5)ステップ3 レクチャーの段取り
                                ア 贈収賄禁止規程作成着手前の動き方
                                イ 贈収賄禁止規程作成中の動き方
                                ウ 贈収賄作成規程作成後の動き方

4.コンプライアンス・チェックリスト(簡易版)を用いた中国法の解説
      ≪目的≫~他社事例における問題発見箇所を知る~
                    (1)通常業務に関する問題を発見するコンプライアンス・チェックリスト
                    (2)労務問題を発見するコンプライアンス・チェックリスト
                    (3)贈収賄・リベート問題を発見するコンプライアンス・チェックリスト

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5215-3550)