[事業コード] 171808
企業不正・不祥事発生時に求められる
『行政機関(監督官庁等)対応』の心得と留意点

開催日時・会場

2018年01月22日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務・総務・監査部門等をご担当の方

講 師

西村あさひ法律事務所 パートナー/弁護士  梅林 啓氏

プログラム

   ★法令・ルール違反が疑われる企業への“行政機関による調査(強制・任意)の実態”と対応のノウハウ★

1.企業不正・不祥事発生時における行政機関の調査
      (1)不正・不祥事発生時に企業を調査する行政機関の種類
               ・公正取引委員会、証券取引等監視委員会等(強大な権限を持つ「摘発型」行政機関)
               ・経産省、消費者庁、国交省、農水省、厚生労働省、等(「一般的な」行政機関)
               ・米国司法省、FBI、欧州委員会等(外国の機関)/警察、検察(捜査機関)、など
      (2)規制緩和による行政の積極的介入と法令・ルール違反に対する社会・マスコミの厳しい目
      (3)行政機関(監督官庁等)による調査の内容
               ・文書やデータの提出命令、立入検査+提出命令、文書での回答を求める報告命令、任意の事情聴取
      (4)実際に行政機関の調査対象となった企業が抱く疑問と不安
               ・強制なのか、任意なのか、行政機関の要求にどこまで応じれば良いのか、交渉の余地はあるのか
                 (「過去10年間の取引関連書類を全て提出しろ」「●●について調べ、▲月▲日迄に回答しろ」等)
               ・調査への回答に応じない、虚偽の回答や妨害することで刑に処せられるのか
               ・疑われている嫌疑に納得できない場合、企業として防衛することはできないのか、など

2.行政機関による調査の実態(類型別の特徴とポイント)
      (1)捜査(警察・検察など)
      (2)犯則調査(公正取引委員会、証券取引等監視委員会、国税庁、税関)
               ・強制調査・任意調査の内容と特徴
               ・調査の手法、範囲、時期について行政機関側と交渉する余地はあるか
      (3)狭義の行政調査(摘発型行政機関、一般の行政機関)
               ・狭義の行政調査の手法と行政処分の例
               ・強制調査と「間接強制調査」との違い
               ・調査の手法、範囲、時期について行政機関側と交渉する余地はあるか

3.行政機関の調査対象となった際の企業の心得と実務
      (1)行われている調査の状況把握
               ・調査している行政機関はどこか(目の前の行政機関以外で“別の当局”が出てくる可能性はあるか)
               ・捜査か、犯則調査か、狭義の行政調査か(将来どのような処分を受ける可能性があるか)
               ・強制調整か、間接強制調査か、任意調査か(狭義の行政調査における間接強制と任意の区別の必要性)
      (2)事実関係の把握に向けた「社内調査」のポイント
               ・法令違反の有無、関与者及び法律的争点の整理
               ・法令違反に関与した役職員を、いかに協力させるか
               ・立入検査等で行政機関が収集した証拠と同じレベルの証拠をいかに早期に収集するか
      (3)対応方針の決定と実務
               ・考慮すべき視点(法令違反のインパクト、関与役職員・従業員への影響など)
               ・対応組織の編成(会社トップ自らの関与、構成メンバーの範囲、情報管理体制など)
               ・処分軽減を目指した交渉、争う場合の留意点

4.具体的調査事例に見る対応の留意点 ~行政機関の着眼点、調査の流れ、他~
      (1)公正取引委員会による狭義の行政調査=審査手続き
               ・「独占禁止法審査手続に関する指針」における間接強制調査と任意調査の明確化
               ・立入検査のオペレーション、事情聴取の流れと会社がとるべき対応
      (2)証券取引等監視委員会による開示検査
               ・「開示検査に関する基本指針」「取引調査に関する基本指針」における間接強制調査と
                  任意調査の不明確さ
               ・金融商品取引法で認められている間接強制調査と任意調査の事情聴取(取り調べ)の違い
      (3)一般行政庁省による行政調査

受 講 料

会員:33,480円(本体 31,000円)/一般:36,720円(本体 34,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516 )

セミナー申込