[事業コード] 171887
改正民法のポイントと企業の契約・実務に与える影響

開催日時・会場

2018年01月23日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、総務部門、知的財産部門など関連部門のご担当者

講 師

中島成総合法律事務所 弁護士  中島 成氏

プログラム

開催にあたって

   改正民法が成立し、実に121年ぶりの改正が実施されます。それに伴い企業の法務担当者を中心に、各種取引契約約款、業務フロー等、改正に合わせて対応する必要があります。
   本セミナーでは、民法の改正について内容を解説するとともに、改正によって生じる企業の契約・実務への影響を平易に解説していきます。

プログラム

1. 民法(債権法)改正の経緯

2. 改正民法のポイントと企業の契約・実務に与える影響
     (1)契約の発生原因(背景・動機・目的)を示す条項の重要性
              ・改正民法の基本的な特色
              ・契約重視の考え方が現れている改正民法の具体的条文
              ・契約の背景・意図・動機を示す条項例
     (2)保証
              ・極度額の設定
              ・会社等が保証する場合と極度額
              ・事業のための債務の個人保証が取り消される場合が新設された
              ・保証人の照会に対する情報提供義務
              ・事業のための貸金債務の個人保証人と公正証書ルール
              ・期限の利益喪失についての情報提供義務
              ・連帯保証人への履行の請求は主たる債務者の時効を中断しない
     (3)約款
              ・定型約款の定義、成立要件  ・定型約款の条項の変更
              ・定型約款と通常の契約の区別
     (4)売買
              ・目的物が契約内容に不適合な場合 ~改正前の「瑕疵担保責任」~
              ・危険負担   ・危険の移転
     (5)賃貸借
              ・敷金     ・賃貸人の地位の移転
              ・原状回復義務 ・賃貸人の修繕義務の範囲、賃借人の修繕権
     (6)請負
              ・割合報酬の請求  ・注文者の権利行使期間の制限
     (7)委任
              ・再委任できる場合 ・成果報酬型委任
     (8)消費貸借
              ・書面又は電磁的記録による消費貸借契約の成立
              ・借主の返還時期等
     (9)消滅時効
              ・債権の消滅時効期間
              ・生命身体侵害による損害賠償債権の消滅時効期間
              ・協議による時効完成猶予制度の新設
     (10)解除
              ・軽微な債務不履行と解除 ・無催告解除ができる場合
              ・契約解除に債務者の帰責事由は不要
              ・暴力団排除条項
     (11)法定利率
              ・変動法定利率の採用 ・中間利息の控除
     (12)債権譲渡
              ・譲渡禁止特約の効力 ・預貯金の特例
              ・譲渡禁止特約と差し押え
              ・将来債権の譲渡
     (13)詐害行為取消権
              ・取り消される範囲の限定 ・転得者との関係
     (14)相殺
              ・債権譲渡と相殺     ・差押えと相殺
     (15)錯誤

3. 改正民法施行前後の契約等と改正民法の適用関係(経過措置)

※講師とご同業の方のお申し込みはお断りする場合がございます。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込