[事業コード] 171095
R&Dを変える自社技術の棚卸と技術マーケティング

開催日時・会場

セッション-1    2017年12月13日(水曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)
セッション-2    2017年12月14日(木曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

  ※2日間のセミナーとなります。

受講対象

研究開発部門のご担当者

講 師

株式会社ケミストリーキューブ 代表取締役  平木 肇氏

プログラム

開催にあたって

   ものづくり企業のR&Dにおいて、現在の事業や商品の実現に加えて、未来の事業及び顧客価値の創造に対する経営からの期待が高まっています。しかし、多くのR&Dの現場では、「既存の延長線上のテーマが中心になっている」「顧客の要求や他社の動きなど見えている課題に終始している」「組織や分野の壁を越えたシナジーが起きない」「技術が属人化し、共有できていない」など、現状に深い悩みを抱えています。
   そこで本セミナーでは、「自社技術の棚卸」と「技術マーケティング」をテーマに、自ら未来を創造する R&Dへ向けて現場の自己変革を促すための効果的な仕掛けと実践ノウハウについて、株式会社ケミストリーキューブが開発した独自手法をもとに演習を交えながら解説します。

プログラム

【1日目】

1.ものづくり企業の危機感とイノベーション戦略
      (1)イノベーションの時代
               ・ものづくり企業を取り巻く変化       ・イノベーションとは「価値の創造と具現化」
      (2)変化するR&Dへの期待と現場の悩み
               ・経営戦略・事業戦略との整合から創発へ   ・R&D現場の悩み
      (3)イノベーション戦略の着眼
               ・イノベーション戦略の本質はR&Dの自己変革 ・3つの着眼と各社の事例

2.技術マーケティングのコンセプト
      (1)技術マネジメントの難しさの要因
               ・技術のもつ多義性が技術マネジメントを難しくしている
               ・技術をどう捉えるか ~技術の5階層モデル~
               ・技術創造のUモデルとリニアモデル
      (2)技術マーケティングとは
               ・技術マーケティングは、R&D現場が行う戦略活動
               ・技術マーケティングの位置づけ ~製品戦略と技術戦略~
               ・2軸志向と組織学習サイクル
      (3)技術マーケティングの基本プロセス
               ①技術の棚卸(技術の構造化) ②イノベーションの探索と構想
               ③技術戦略の立案

3.自社技術の棚卸
      (1)技術の棚卸のコンセプト
               ・技術の棚卸に対する誤解  ・技術の棚卸のポイントは「構造化」
               ・顧客価値を起点とした技術の構造化手法iMap(アイマップ)
      (2)価値コンセプトの抽出と検証
               ・顧客価値の考え方~価値は機能ではない~ ・顧客価値を考える視点
               ・価値コンセプトの切り口         ・顧客インタビューの実施ポイント
      (3)技術の洗い出しと噛み砕き
               ・技術の基本フレーム ~技術と技能~
               ・技術を構成する3つの機能:目的機能・基本機能・技術機能
               ・技術の洗い出し ~価値を起点とした技術の展開~
               ・技術の噛み砕き ~技術を起点とした価値の展開~
               ・技術の記述方法 ~IPOLフレーム~
      (4)技術の評価 ~コア技術の設定~
               ・コア技術とは何か   ・コア技術は、出口(市場・用途)によって異なる
               ・顧客価値と技術の両面から評価する
               ・技術を評価する3つの軸 ~価値の優位性、技術の基盤性、技術の優位性~
      (5)実践ポイントと活用
               ・iMap(アイマップ)が生み出す気づき ・イノベーションの探索と構想への3つのアプローチ

4.グループ演習
      3~5人のグループにて、仮想事例を題材にした演習を行います。

【2日目】

1.価値の革新 ~未来の顧客課題を先取りした価値の革新~
      (1)価値の革新のフレームワーク
               ・価値革新の2つの軸 ~価値の向上と拡大~ ・実践ステップ
      (2)顧客課題の探索
               ・顧客及び顧客を取り巻く環境の変化に着目する
               ・変化を考察するMMT(マクロ・ミクロ・トレンド)分析
               ・顧客マップ~実践的セグメンテーション~  ・攻め方のストーリーを描くターゲッティング
               ・課題と現状のギャップから困りごとを引き出す
      (3)顧客価値の構想と検証
               ・顧客の「ワオ!」を構想する3つの視点   ・「価値の向上」へ向けた4つのパターン
               ・「価値の転換」へ向けた4つのパターン   ・「価値の拡大」へ向けた4つのパターン
               ・Wow!フレーム~ソリューションを描く~ ・バリューカタログ ~顧客目線になりきる~
      (4)仮説検証サイクルをつくる
               ・顧客との対話による価値の検証

2.技術の展開 ~自社技術を活用した新商品・新用途の創造~
      (1)技術の展開のフレームワーク
               ・技術展開の事例   ・実践ステップ
      (2)展開先の探索の方法と実践ポイント
               ・目的機能を中心に探索の切り口を決める
               ・探索の3つのアプローチ:類推探索・発信探索・特許探索
               ・特許情報を活用した探索方法 ・展開仮説を選択するための評価フレーム

3.技術戦略の立案
      (1)技術戦略の立案のフレームワーク
               ・技術者、研究者の目線から事業家の目線へ   ・実践ステップ
      (2)TVP(価値を起点とした技術群)の設定と評価
               ・TVPとは、顧客価値へ向けた骨太な技術領域 ・技術の括り方の3つのタイプ
               ・TVP評価の2つの視点           ・技術の難易度評価のフレームワーク
               ・価値のインパクト評価のフレームワーク
      (3)技術の戦略方針とロードマップ
               ・TVPポートフォリオ   ・重点TVPの選択とR&D方針の設定
               ・テクノロジードリブン・ビジネスモデル(TDB)
                     ~ものづくり企業が考えるべきビジネスモデルの観点~
               ・価値創造と技術開発が連動したR&Dシナリオ

4.実践事例の紹介

5.グループ演習
      3~5人のグループにて、仮想事例を題材にした演習を行います。

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:64,800円(本体 60,000円)/一般:71,280円(本体 66,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込