[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 171915
人工知能(AI)のビジネス界での活用事例研究会
~米国の最先端事情をふまえ、あるべき導入の進め方を探る~

開催日時・会場

2017年10月20日(金曜日) 13:30~16:40
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

おもに企画部門並びに研究開発部門のご担当者ならびにマネージャークラスの皆様

講 師

株式会社ストラテジスト   代表              太田 謙二氏(元 パナソニック)
米国PALO ALTO INSIGHT社(パロアルトインサイト合同会社) 
                       CEO&Founder 石角 友愛氏(元 グーグル本社)

プログラム

開催にあたって

   AIはすでに一部企業では実用段階に入っています。各社の導入ケースも多様化する一方で失敗事例も多く、日米間での格差も大きいのが実情です。
   本セミナーでは、国内外での最新事例、技術的課題や導入ケースなど最新動向をお伝えします。

プログラム

【テーマ1】13:30-14:30
   「AI導入で失敗しないための5カ条」
      ~1億AIブームを煽る危うさ 本当に6割の仕事がAIに奪われるのか?~
      1.AIブームに乗り遅れるな!・・・ が失敗の始まり
      2.「ビッグデータ」があればAI活用可能、は大間違い
      3.AIとBIの違いを知らずして、AI導入は時期尚早
      4.AIとIoTを「別物扱い」ではメリット半減
      5.ソフトバンクも失敗体験した「1+3の壁」の本質とは
                        講師 株式会社ストラテジスト代表   太田 謙二氏

【テーマ2】14:40-16:40
   「日米企業のAI活用はなぜ差が付くのか」
      1.グーグルはじめシリコンバレー企業は今何を目論んでいるのか?
      2.ここが日米企業の決定的な違い!
      3.『AI適性診断』で分かったAI導入時のミスマッチ
      4.緊急提言  日米格差を埋めるために経営者が取り組むべきこと
      5.質疑応答
                        講師 米国PALO ALTO INSIGHT社(パロアルトインサイト合同会社)
                                                           CEO&Founder石角 友愛氏

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL 03-5215-3550 )