[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 171580
日系企業のアジア拠点に潜む不正リスクへの対処法

開催日時・会場

2017年12月01日(金曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務部門、監査部門等ご担当の方

講 師

西村あさひ法律事務所 パートナー/弁護士  渋谷 卓司氏

プログラム

            ★不正リスクの3類型(意図的、意図的でない、そもそも不正ではない)の
                                         発生原因と防止策のポイント★

開催にあたって

   日系企業のアジア拠点において摘発の対象となる不正には、異国での重い職責や権限の集中などから、自ら贈賄行為に手を染めてしまう「意図的な」不正のほか、ローカルな法知識の不足や法文の構造の分かり難さ、解釈と運用のギャップなどから、悪いことと思わずに行ってしまう「意図的でない」不正もあります。更には現地ビジネスパートナーや競争相手による根拠のない内部告発や行政当局への虚偽申告、メディアを使った攻撃、不当な訴訟提起などの
“罠”=「そもそも不正ではない」不正(問題)もあり、その内実は様々です。
   本講座では、国内では想像しにくい日系企業のアジア拠点に潜む不正リスク( 現地ならではのリアルリスク )を類型化し、それぞれの発生原因と防止策(対抗策)について実際に起こりうる事例を分析しつつ検証していきます。

プログラム

1.日系企業のアジア拠点に潜む不正リスクの3類型
      (1)「意図的な」不正、「意図的でない」不正、「そもそも不正ではない」不正(問題)とは
      (2)各不正リスクに共通するもの
      (3)各不正リスクにおいて異なるもの

2.「意図的な」不正リスクへの対処法
      (1)意図的な不正が発生する原因
               【事例】不正のトライアングル(動機・プレッシャー/機会/正当化)で分析するアジア拠点の贈賄問題
                           ・意図的な不正が起こりやすい組織に見られる特徴
                           ・アジア拠点における不正のトライアングルの構成要素
                                (異国での小所帯の勤務(重い職責)/権限・業務の集中/異なる生活習慣・文化など)
                           ・贈答文化やビジネスの慣習としての接待・贈答他、国内とは比較にならないほど存在する
                              贈賄誘因(「現地では当たり前」「向こうから要求してきた」「よそもやっている」など)
      (2)防止策のポイント

3.「意図的でない」不正リスクへの対処法
      (1)意図的でない不正が発生する原因
               【事例1】在アジア日系企業が現地企業との取引継続を目的に贈答接待を行ったケース
                              ・ローカルな法知識の不足、法文の規定・構造のわかりにくさ、法文と解釈・運用のギャップ
                              ・グローバルなコンプライアンス問題における文法 ≒ 米国司法省の見解
      (2)意図的でない不正のジレンマ
               【事例2】在アジア日系企業が金銭等を支払ったコンサルタント等第三者が贈賄行為を行ったケース
                              ・本当に「知らなかった」(意図的でない)でも、簡単には信じてもらえない
                              ・どのような場合の第三者への支払い等を「怪しい」(要注意)と思うべきか
                              ・第三者に金銭等の利益供与を提供した者(利益提供者)が責任と問われる場合とは
                              ・第三者が贈賄することを知っていたか(許容していたか)が判断される客観的な状況の例
      (3)防止策のポイント

4.「そもそも不正ではない」不正リスク ~海外ならではのリアルリスク(でっち上げ)~
      (1)そもそも不正ではない不正(問題)が発生する原因
               【事例】現地の合弁パートナー(又は契約相手)が交渉を有利に進める為、当局やメディアを悪用した
                           刑事事件化など、「場外乱闘」を仕掛けてくるケース
                           ・ビジネスパートナー、競争相手、内部者、当局等による「罠」と陥れる手段
                                (根拠のない内部告発、行政当局への虚偽申告・虚偽告訴、メディアを使った攻撃など)
                           ・立法の限界(曖昧な法令、裁量的解釈等)、司法の問題、民事事件への検察・警察の関与権限
                           ・日本と異なる社会的要素
                                (メディア利用の容易さ、腐敗の問題、脅迫・名誉棄損・プライバシー等)
      (2)防止策(対抗策)のポイント

※講師とご同業の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

上島(TEL 03-5215-3516 )