[事業コード] 171093
技術の融合と技術者、研究者の成長を加速する『自社技術の棚卸』

開催日時・会場

2017年11月08日(水曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発部門、新規事業部門、知的財産部門など関連部門のご担当者

講 師

株式会社ケミストリーキューブ 代表取締役  平木 肇氏

プログラム

   多くの日本企業は、独自の優れた技術を持ちながらも組織や分野の壁、技術の属人化、技術者、研究者の内向きのマインドなど様々な要因からそれらが十分活用されず、新たな事業や顧客価値の創造につながっていないことに強い課題認識を持っています。
   『自社技術の棚卸』は、そのような課題解決のための施策として期待されていますが、実際には自社の保有技術のリストを作る、データベースを作ることに終始してしまい、効果的な取り組みにつながっていない例が見られます。
   本セミナーでは、技術を構造的に可視化するプロセスを通して現場の技術者、研究者の価値創造力を高め、組織・分野の壁を越えた技術の共有と融合を促進する戦略的な『自社技術の棚卸』の進め方について、(株)ケミストリーキューブが開発した実践手法を交えて解説します。

プログラム

1.変化するR&Dへの期待とイノベーション戦略
      (1)イノベーションの時代
               ・ものづくり企業を取り巻く変化
               ・イノベーションとは「価値の創造と具現化」
      (2)変化するR&Dのミッションと現場の悩み
               ・経営戦略・事業戦略との整合から創発へ
               ・R&D現場の悩み
      (3)イノベーション戦略の実践
               ・R&D自己変革へ向けた3つの着眼
               ・各社の取り組み

2.自社技術の棚卸の考え方
      (1)技術マネジメントはなぜ難しいのか
               ・難しさの本質は、技術がもつ多義性
               ・技術をどう捉えるか ~技術の5階層モデル~
               ・技術創造の形 ~リニアモデルとUモデル~
      (2)自社技術の棚卸の考え方
               ・技術の棚卸に対する誤解
               ・技術の次元だけで可視化しても使えない
               ・いかに構造化するかが棚卸の鍵を握る
      (3)自社技術の棚卸の実践手法
               ・顧客価値を起点として技術を構造化する
               ・技術の構造化手法iMap(アイマップ)とは

3.自社技術の棚卸の実践プロセス
      (1)価値コンセプト
               ・価値は機能ではない
               ・顧客価値を具体化する2つの問いと5つの視点
               ・価値コンセプトを記述するポイントと実践ツール
      (2)技術の洗い出しと噛み砕き
               ・技術を構成する3つの機能 ~目的機能・基本機能・技術機能~
               ・目的機能を設定するポイントと実践ツール
               ・技術機能を展開する視点
      (3)技術の評価
               ・コア技術、基盤技術、差異化技術
               ・コア技術を設定するための3つの視点
               ・技術の優位性(強さ)をどう評価するか

4.自社技術の棚卸の意味と活用
      (1)技術者、研究者の成長
               ・技術に対する考え方(捉え方)を変える
               ・活動プロセスが生み出す気づきが人材の成長を加速する
      (2)イノベーション戦略/技術戦略への展開
               ・ものづくり企業におけるイノベーションの3つの型
               ・新たなR&Dテーマを生み出すための着眼を具体化する

5.実践事例の紹介

※講師とご同業の方のご参加はお断りする場合がございます。

受 講 料

会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込