[事業コード] 171248
中期経営計画の質を高める戦略マップと『KPI(重要業績評価指標)』活用法

開催日時・会場

2017年10月24日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

ワンランク上の中期経営計画作りに関心を持つ経営管理者、経営企画、経理、新規事業開発ご担当の方

講 師

キュー・エム・コンサルティング 取締役社長 公認会計士  松原 恭司郎氏

プログラム

開催にあたって

   激変する経営環境にあって、ROE(自己資本利益率)を経営目標に掲げる企業が増えてきており、政府が6月に公表した「未来投資戦略2017」ではROA(総資本利益率)の向上が焦点になっています。
   そこで本セミナーでは、KPI(重要業績評価指標)と戦略マップ/BSC(バランス・スコアカード)の基本とそれらの中期経営計画への適用について分かり易く解説します。

プログラム

1.中期経営計画とROE、ROA
      (1)ROE、ROA目標設定の開示要請
               ・ROE、ROAが注目される背景
               ・ROE、ROA、ROIC(投下資本利益率)他の資本効率を意識した財務KPIの意味
      (2)ROE目標達成のロジック
               ・「ROEツリー」の意味と限界

2.中期経営計画と開示
      (1)企業報告でのビジネスモデルや戦略の開示要請
               ・「国際統合報告フレームワーク」における取扱い
               ・統合報告書上のビジネスモデルや戦略の開示状況

3.筋の通った戦略ストーリーのつくり方
      (1)ROE、ROA等の達成のストーリーを表す戦略マップ
               ・戦略ストーリーを見える化する戦略マップの構造
      (2)戦略タイプ別の戦略マップ
               ・顧客価値提案の戦略タイプ別の「戦略マップのテンプレート」の活用が有効

4.KPの基本を確認する
      (1)KPIの定義
      (2)「KPIの8つのタイプ」
                  (財務と非財務、先行と遅行、マネジメント・レベル別、アプリケーション/
                     機能別、内部管理と外部公開他)

5.視点別のKPIのショーケース
      (1)財務に関するKPI
      (2)マーケティング/顧客に関するKPI
      (3)業務プロセス/サプライチェーンに関するKPI
      (4)経営資源/知的資本に関するKPI
      (5)ESG(環境・社会・ガバナンス)に関するKPI

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。
※ Web上からお申し込みの場合には、通信欄に参加希望日を明記願います。
  注)主担当者様のお名前でお申し込みの上、各回、代理出席も可能です。 但し、割引料金の適用は一度にお申し込みの場合に限ります。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )

セミナー申込