[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 171470
海外で知財トラブルに巻き込まれないための対策
~知的財産権制度の基礎から海外でのトラブル回避策まで徹底解説~

  ※都合により開催中止となりました。

開催日時・会場

2017年10月12日(木曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

知財部門、法務部門のご担当者

講 師

森・濱田松本法律事務所 弁護士  佐々木 奏氏

プログラム

 開催にあたって

   近年、企業活動のグローバル化のなかで、企業の海外進出に際して各種トラブルに巻き込まれる事例は増加しています。また企業自身が海外進出をしなくとも、インターネット取引を通じてトラブルに巻き込まれるケースも起こりえます。
   本セミナーでは、このような各種トラブルの中でも知的財産権に関連するトラブル(知財トラブル)に焦点を当て海外において、どのようなトラブルが想定され、想定されるトラブルを回避するためにどのような対策をとることができるのかについて検討いたします。
   具体的には、主として知財部門のご担当者、特に新人や経験の浅いご担当者を対象として、知的財産権制度の基礎にも言及するとともに、国内におけるケースと対比しつつ、特定国を対象とする具体的な対策を検討する際に前提となる、海外での知財トラブル対応に関する基本的な視点やポイントを解説いたします。
   なおこのセミナーでは、海外の特定国を対象とした対策を検討するものではありません。

プログラム

1.知的財産権制度の概要
      (1)特許権・実用新案権
      (2)商標権
      (3)意匠権
      (4)著作権
      (5)その他の権利

2.契約における留意事項
      (1)一般条項
      (2)知財特有の条項

3.他者の知的財産権の侵害
      (1)産業財産権の場合
      (2)著作権の場合

4.他者による知的財産権の侵害
      (1)模倣品・海賊版対策
      (2)並行輸入対策

5.営業秘密の流出
      (1)不正競争防止法・契約による営業秘密の保護
      (2)営業秘密流出への対応

<質疑応答>

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:30,240円(本体 28,000円)/一般:32,400円(本体 30,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5315-3550)