[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 171437
中国における不正トラブル 内部統制構築手法検証
~中国域内での統制業務再確認~

開催日時・会場

2017年09月21日(木曜日) 13:00~16:30
厚生会館(東京・平河町)

受講対象

おもに監査部門並びに国際事業部門のご担当者ならびにマネージャークラスの皆様

講 師

マイツグループCEO 税理士・公認会計士  池田 博義氏
上海邁伊茲会計師事務所有限公司JapanDesk 
   公認内部監査人・内部統制評価指導士 西尾 卓哉氏

プログラム

開催にあたって

   日本企業の多くが既に進出済みである中国において、日本の常識では予期しえぬ不正トラブルが多発しています。
   本セミナーでは、中国において制度対応としてではなく内部統制本来の目的を阻害する要因を取り除くために日本企業に要求される内部統制構築対策を検証します。

プログラム

1.日系企業が直面する不正リスク
      (1)中国の最近のビジネス環境
      (2)中国の不正トラブルはなぜ起こるのか?
      (3)不正のメカニズム
      (4)中国版不正のトライアングルとその手口

2.日系企業の内部統制構築
      (1)「内部統制」と内部統制構築手法の検証
      (2)日本における内部統制構築

3.中国子会社の不正事例と内部統制構築のポイント
      (1)廃棄在庫データ改ざんによる売却収入を横領した事例
      (2)購買担当者と仕入先との共謀により現金を横領した事例
      (3)現金・預金を私用・流用した事例
      (4)循環取引により東証1部上場企業が倒産した事例
               (総経理が親族企業を利用して起こした不正事例)
      (5)総経理による不正支出が頻発した事例
      (6)元幹部が中国政府幹部に賄賂を渡していた事例
      (7)架空社員に対する給与支払を用いた事例
      (8)過年度の不適切処理が内部通報で顕在化した事例

4.中国子会社の不正に対する内部統制構築のポイント整理
      (1)中国子会社における内部統制の限界
      (2)不正防止に繋がる内部統制構築のポイント整理

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福山(TEL 03-5215-3550 )