[事業コード] 171455
海外赴任者の医療費対策と実務ポイント
海外医療費支出の実情と今後の予測方法、削減・抑制を実現させるためのノウハウを事例を交えて詳解

開催日時・会場

2017年08月25日(金曜日) 13:30~17:00
主婦会館プラザエフ(東京・四ツ谷)

受講対象

人事部門・経営企画部門・総務部門・グローバル事業をご担当の方

講 師

株式会社MD.ネット 専務取締役  渡辺 ユキノ氏

プログラム

開催にあたって

   企業のグローバル化による海外赴任者増加に伴い、海外赴任者の健康リスクは企業にとっては看過できない状況となっていますが、その一方で海外医療費はこれからも増大すると予想され、本社及び現地事業所にとっては、これにいかに対応し削減するかが今後非常に重要になると思われます。
   本セミナーではまず海外(赴任先地域)の医療文化の違いと各保険の適用範囲について確認し、本社側の担当者が押さえておくべきリスク、体制構築のポイントと医療費削減・抑制を実現させるためのソリューション・ミックスについて、事例を交えて実践的に解説致します。

 プログラム

1.海外の医療文化の実情 ~赴任先地域と医療文化の違い~
      (1)国別医療制度の説明
      (2)世界の治療水準のとらえ方
      (3)治療費用の水準
      (4)診断、治療、疾病体系の違い

2.現在加入している保険でどこまで対処できるか?
      (1)健康保険、現地健康保険、海外旅行傷害保険の適用範囲

3.海外の医療費支出の実情と今後の医療費の予測
      (1)医療費の予測方法
               ・赴任者の年齢、帯同家族の割合、赴任地域、既往や体質から医療費を予測する
      (2)海外医療費の実態

4.ケーススタディ
      (1)精神疾患発症の場合の治療
      (2)慢性疾患の治療
      (3)整形外科の治療
      (4)消化器系の治療
      (5)歯科治療

5.医療費削減・抑制を実現させるためのソリューション・ミックス
      (1)会社としての海外医療に対してのスタンスを決める
      (2)自己負担の考え方を決める
      (3)赴任前の準備
      (4)継続的な治療フォローアップ
      (5)定期健康診断結果のフォローアップ
      (6)トリアージの徹底
      (7)赴任先の医療制度を理解する
      (8)成功事例

6.質疑応答

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

田中(TEL 03-5215-3512)

セミナー申込