[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 160321
法務マネジャーのための「最新法務実務マスター・コース」 第4回(全7回)
最近の労働紛争の傾向と労働問題の実務

  ※本コースの全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2017年06月01日(木曜日) 14:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務担当部門、知財担当部門のマネジャーの方々

講 師

TMI総合法律事務所 弁護士  近藤 圭介氏

プログラム

●講義/最近の労働紛争の傾向と労働問題の実務 <14:00 ―15:30>

   企業は従業員を雇い入れて事業を行うことから、様々な労働問題に直面することは避けられません。もっとも労働問題の対応を誤ると、最近ではいわゆる「ブラック企業」などというレッテルを貼られ、企業にとって大きなレピュテーションリスクにつながることになります。法務担当者にとって、労働問題に関する対応方法は、必ず身につけておくべきスキルといえます。
   本講座では特に問題になりやすい分野を中心に、法務担当者として押さえておくべき知識や実務上の留意点について分かりやすく解説します。

   1.最近の労働紛争の傾向
   2.長時間労働・未払残業代問題
   3.ハラスメント問題
   4.メンタルヘルス問題
   5.これだけは押さえておくべき裁判例・法改正など

  ●講義をベースとしたディスカッション <15:45 ―17:00>
      ~自由討議・意見交換の中から課題解決のノウハウ、ヒントを探り実践に繋げていただきます~

受 講 料

会員:31,320円(本体 29,000円)/一般:34,560円(本体 32,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

居代(TEL 03-5215-3516 )