[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 171158
中国事業の撤退・縮小に関する実務対応

開催日時・会場

2017年06月02日(金曜日) 13:00~17:00
弘済会館(東京・麹町)

  ※会場が企業研究会セミナールームから変更となりました。(5/23変更

受講対象

法務もしくは経営企画・国際部門等に所属され、中国事業の撤退・縮小での実務にご関心のある方

講 師

【第1部】森・濱田松本法律事務所 中国律師               孫 彦氏
【第2部】監査法人アヴァンティア 中国ビジネスディレクター 公認会計士 王 欣氏

プログラム

【第1部】中国事業の撤退・縮小に関する法的留意事項

       1.規制緩和と管理強化、リスクとチャンス、どうなる中国投資?
       2.中国での事業撤退・縮小の手法の選択肢
       3.各選択肢のメリット・デメリット
       4.中国事業の撤退・縮小に関する法的留意事項
             ・解散・清算における留意事項
             ・破産を避ける実務的対応
             ・持分譲渡における留意事項
             ・減資の可否
             ・合併における留意事項
             ・事業の撤退・縮小に伴う労務問題

【第2部】中国からの撤退の際の税務・会計の注意点

       1.本当に清算しなければならないでしょうか
            (1)清算という経営判断をする前に要確認事項
            (2)清算以外も他の手法がある―中国国内における持分譲渡

       2.清算の実務ポイント
            (1)清算前の要準備事項
            (2)清算スケジュール
            (3)人員整理
            (4)資産・負債整理
            (5)清算報告書
            (6)税務局との交渉

       3.持分譲渡の実務ポイント
            (1)買手探しのポイント
            (2)税務上の論点整理
            (3)持分譲渡手続のスケジュール

       4.日本親会社の決算書への影響
            (1)清算の場合の必要会計処理
            (2)持分譲渡の場合の必要会計処理
            (3)債権放棄の会計処理

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3513)