[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 171383
<AM開催:会員研究会>
歴史から見える知的財産戦略
~日本が生んだ世界食『インスタントラーメン』~

開催日時・会場

2017年05月18日(木曜日) 09:30~11:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

知財部門、R&D部門、事業企画部門の方々

講 師

一般財団法人 食品産業センター 技術環境部    加藤 正樹氏
(元 日清食品ホールディングス㈱ 知的財産部長)

プログラム

開催にあたって

知財戦略とは何か? 基本特許とは何か?
今、日本の技術力の再生に期待が込められています。インスタントラーメンが世界的な産業になりえたのは何故か?半世紀の歴史をたどりながら、知財戦略の本質を解明していきます。

 プログラム

1.創業の時代
      (1)チキンラーメンの誕生
      (2)模倣と係争の時代
      (3)ラーメン戦国時代から天下統一へ

2.世界から宇宙への飛躍
      (1)カップヌードルの誕生秘話
      (2)模倣と係争の時代再び!
      (3)カップヌードルの特許戦略
      (4)宇宙ラーメン

3.グローバル化する模倣
      (1)国内編
      (2)海外編
      (3)模倣は創造の母

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:5,400円(本体 5,000円)/一般:16,200円(本体 15,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

小野原(TEL 03-5215-3515 )