[事業コード] 171130
労働専門弁護士による徹底解説
平成28年度労働法分野重要判例から学ぶ人事労務の実務
―労働者の同意の有効性/正社員との待遇格差―

開催日時・会場

2017年05月26日(金曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事・労務部門、総務部門、法務部門など関連部門のご担当者

講 師

神内法律事務所 弁護士  神内 伸浩氏

プログラム

開催にあたって

   昨年から政府の働き方改革の議論が本格的に始まり、そのなかでも非正規雇用労働者の待遇改善を目指す同一労働同一賃金が話題となっております。年末にはガイドラインが公表されるなど労働環境は大きく変化をしております。このような状況のなかで、労働法の分野では労働契約をめぐる注目の判例が出るなど、今後の実務にも大きな影響を及ぼすことが必然となっております。
   今回このセミナーでは、この重要判例のポイントを詳しく理解をすることで、今後の実務対応をいかにすべきかを労働専門弁護士である講師が徹底解説いたします。

プログラム

Ⅰ.労働条件の不利益変更と労働者の同意の有効性
      1.山梨県民信用組合事件(最高裁二小 平28.2.19日判決)
          ・事件の概要
          ・主な争点
          ・当事者
          ・事案の経過
          ・不利益変更の内容
          ・裁判所の判断
              ①一審~最高裁の判断比較
              ②原審の判断のポイント
              ③最高裁の判断のポイント

      2.労働条件の不利益変更の基本ルール
          ・労働条件の不利益変更と判例法理
          ・就業規則の不利益変更と労働者の同意
          ・労働協約による労働条件の変更

      3.今後の実務への影響と対応
          ・労働者の同意を得る場合の留意点

Ⅱ.正社員との待遇格差(定年後再雇用/契約社員)
      1.長澤運輸事件(東京高裁 平28.11.2判決)
          ・事件の概要
          ・主な争点
          ・当事者
          ・原告らと正社員との労働条件の相違
          ・裁判所の判断
              ①第一審の判断
              ②控訴審の判断

      2.ハマキョウレックス(差戻審)事件(大阪高裁 平28.7.26判決)
          ・事件の概要
          ・主な争点
          ・当事者
          ・原告らと正社員との労働条件の相違
          ・裁判所の判断
              ①第一審の判断
              ②控訴審の判断

      3.二つの事件と労働契約法20条をめぐる争点
          ・労働契約法20条の判断枠組み
          ・二つの事件の特徴

      4.今後の実務への影響と対応
          ・定年後再雇用の特殊性
          ・定年後再雇用の留意点
          ・正社員と契約社員に相違を設ける場合の留意点

Ⅲ.質疑応答

受 講 料

会員:30,240円(本体 28,000円)/一般:32,400円(本体 30,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5215-3515)

セミナー申込