[事業コード] 171120
英文契約をフルに使いこなすための読解・修正・作成術
~具体的な条項や事例を挙げて徹底解説~

開催日時・会場

2017年05月11日(木曜日) 10:00~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務・知的財産・海外事業・総務など英文契約を担当される部門のご担当者

講 師

山下総合法律事務所 弁護士 ニューヨーク州弁護士  山下 聖志氏

プログラム

開催にあたって

   企業活動や取引がグローバル化している昨今、英文契約を使いこなす技術は実務担当者にとって欠かせないスキルとなってきていますが、同時に英文契約は、その独特な表現や長文から敷居が高く感じ、またリスク管理の要点が分かりにくい時があるのも事実です。
   そこで本セミナーでは、実務に使えるよう英文契約のベースにある考え方やパターンを丁寧に説明するとともに、実際に「読み」「修正し」「作成する」場面で何にどう気を付けるのが良いかについて、具体的な条項や事例を挙げつつ、分かりやすく解説いたします。
【契約書の雛型(日本語訳付)を進呈いたします】

プログラム

1.英文契約を使いこなす第一歩 ~和文契約とどこが同じで、どこが違うのか~
      (1)「契約」である
      (2)「英文」である
                  ①「英語」で書かれている
                  ②「英米法」がベースにある
                  ③「国際取引」で広く用いられる
      (3)英文契約の全体像を俯瞰する

2.英文契約を「読みこなす」~ポイントを絞って効率的に読み込むために~
      (1)「契約」の基礎のおさらい
      (2)英文契約の読み方のポイント
                  ①全体像を押さえる
                  ②読む順番を工夫してメリハリを付ける
                  ③良く出る条文・法律英語・言い回しを押さえる
      (3)個々の条文を読みこなす(具体的な条項から実践的に)
                  ①保証(Warranty) ⑥責任限定(Limitation of Liability)
                  ②秘密保持(Confidentiality) ⑦不可抗力(Force Majeure)
                  ③知的財産権(Intellectual Property) ⑧完全合意(Entire Agreement)
                  ④競業禁止(Non-competition) ⑨分離条項(Severability)
                  ⑤損失補償(Indemnification) ⑩その他の一般条項(Miscellaneous)
      (4)ポイントを絞って効率的に読み込む「コツ」

3.英文契約を「修正する」~なかなか決着しない条項の交渉をどうまとめるか~
      (1)英文契約の修正のポイント
                  ①自社の交渉上の優先順位を明確化
                  ②相手の交渉上の優先順位を想定
                  ③その上で有効と思われるアプローチを選択
      (2)実際に修正案を作成してみる(具体的な条項から実践的に)
                  ①保証(Warranty)
                  ②損失補償(Indemnification)
                  ③損害賠償の予定(Liquidated Damages)
                  ④準拠法(Governing Law)
                  ⑤紛争解決(Dispute Resolution ‐ Jurisdiction/Arbitration)
                  ⑥表明保証(Representation and Warranties)
      (3)相手に受け入れてもらいやすい修正案を作成する「コツ」

4.英文契約を「作成する」~自社にとって有利な契約へとどう導くか~
      (1)英文契約の方式 ― 標準方式/レター方式/申込・承諾方式
      (2)英文契約のドラフトのポイント
                  ①ファーストドラフトの優位性と留意点
                  ②雛型の持つ役割
                  ③表現の統一と曖昧さの排除
      (3)実際にドラフトしてみる(具体的な条項を実践的に)
                  ①売買契約(Sale and Purchase Agreement) ― 注文手続・保証条項
                  ②販売店契約(Distributorship Agreement) ― 指名・最低販売数量条項
                  ③ライセンス契約(License Agreement) ― 使用許諾・保証条項
      (4)「申込・承諾方式」の契約作成時の留意点 ~Battle of Forms~
      (5)契約書を仕上げるときの「コツ」

5.まとめ

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

金井(TEL 03-5215-3515 )

セミナー申込