[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161744
企業の情報漏えいリスクと実務対応

開催日時・会場

2017年03月30日(木曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

法務・監査・総務部門他

講 師

森・濱田松本法律事務所 パートナー 弁護士  上村 哲史氏

プログラム

開催にあたって

   近年の情報通信技術の発展に伴い、企業が保有・蓄積している情報の価値は、これまで以上に高まっていますが、同時に、これらの情報が流出するリスクも高まっています。実際に、企業の顧客情報や技術情報が流出したといった事件が報道されることも珍しくありません。そのため、今日の企業活動においては、企業が自己の保有・蓄積する情報を適正に管理し、不正な利用や漏えいを防止するための体制作りは極めて重要になっています。
   そこで本セミナーでは、営業秘密や個人情報に関連する法制度や漏えいリスクを概観した上で、企業に求められる法的な実務対応について解説いたします。

プログラム

1.はじめに
      (1)相次ぐ情報漏えい
      (2)情報漏えいのパターン
      (3)情報セキュリティに関する主な法制度

2.営業秘密の漏えいリスク
      (1)営業秘密の保護
      (2)営業秘密の要件(特に秘密管理性)
      (3)営業秘密侵害行為の類型(民事)
      (4)営業秘密侵害罪の類型(刑事)
      (5)営業秘密に関する不正競争防止法改正(平成27年改正)
      (6)営業秘密侵害の法的リスク

3.個人情報の漏えいリスク
      (1)個人情報の保護
      (2)個人情報保護法改正(平成27年改正、ガイドライン)
      (3)個人情報漏えいの法的リスク

4.実務対応
      (1)漏えいから企業を守るための実務対応
      (2)他社の秘密情報の流入防止(中途採用の留意点)
      (3)漏えい事象発生時の実務対応

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )