[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161861
計算書類原稿作成時の「うっかりミス」防止・発見法

開催日時・会場

2017年03月27日(月曜日) 13:30~16:30
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

計算書類を実際に作成している経理担当者の方々

講 師

石王丸公認会計士事務所 公認会計士  石王丸 周夫氏 

プログラム

開催にあたって

   誰でも「うっかりミス」をやってしまいます。殊に、計算書類の作成作業では、多くの「うっかりミス」が発生します。この「うっかりミス」を防ぐには、ただ気をつけるだけでよいのでしょうか。
   実は、「うっかりミス」にはパターンがあります。そのパターンを知ることで、計算書類のどこでどういうミスが起こりやすいかがわかるようになります。さらに、実際に発生した「うっかりミス」の事例に数多く目を通しておくことで、「うっかりミス」を防止・発見する力が強化されます。パターンと事例でミスゼロを目指すセミナーです。
   計算書類を実際に作成している経理担当者の方々のご参加をお待ちしております。

プログラム

はじめに-「うっかりミス」の3つのポイント

1.パターンをおさえる
      (1)うっかりミスは6パターン
      (2)うっかりミスの根本原因は1つ
      (3)事例を使った6パターンの解説
               【1】リサイクル・ミス~データの使い回しによるミス
               【2】コーディネート・ミス~作業分担がもたらす書類間不整合
               【3】アップデート・ミス~因果律無視の作業がもたらすミス
               【4】ファーストタイム・ミス~経験則依存による思考停止
               【5】フルコピー・ミス~定型化した文章の丸写しミス
               【6】本当のうっかりミス~疲労による集中力の途切れ

2.「うっかりミス」防止・発見のアプローチと具体的方法

3.計算書類(連結・個別)のうっかりミス事例紹介
      (1)貸借対照表でよく起きるミス
      (2)損益計算書でよく起きるミス
      (3)株主資本等変動計算書でよく起きるミス
      (4)会計方針等の記載でよく起きるミス
      (5)注記事項でよく起きるミス

受 講 料

会員:25,920円(本体 24,000円)/一般:29,160円(本体 27,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550 )