[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161815
内部通報担当者のための「相談受付」と「ヒアリング調査」のノウハウ

  ※満席となりました。

開催日時・会場

2017年03月13日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

内部通報制度の運用実務に携わる担当者

講 師

中島経営法律事務所 パートナー 弁護士  寺田 寛氏

プログラム

開催にあたって

   内部通報制度は企業の自浄作用により不正行為の防止と早期発見を図る重要な仕組みです。ですが、実際に相談を受け付け関係者からヒアリングを行うのは容易ではありません。「相談したら何か不利益があるのではないか?」と心配している相談者にどのように信頼してもらうか、不正を行ったとされる社員からのヒアリングに向けてどのように準備するか、関係者からのヒアリング調査の結果からどのように事実を認定するかなど、担当者には様々な局面で悩みがあります。
   本セミナーでは、過去10年間に600件以上の内部通報を受け付けてきた弁護士の立場から、ヒアリング調査のノウハウをお伝えします。受講者の皆様には「相談者役」「聞き取り役」「メモ作成役」「観察役」に分かれていただきヒアリングのロール・プレイングをしていただきます。
   また、ヒアリングの結果からどのような事実を認定するか皆様にディスカッションしていただき、その結論を相談者にフィードバックする場面まで、ロール・プレイングしていただきます。これによって、一つの案件が解決に至るまでのプロセス全体を体験することができます。
   内部通報担当部署に新たに就任された方や、相談受付・調査についての実践的な訓練を積みたいとお考えの方々にお勧めのセミナーです。

プログラム

第1.ヒアリング調査のノウハウ(講義)
   1. 内部通報制度の目的の確認
   2. 相談受付のポイント
   3. 被通報者からのヒアリング調査のポイント
   4. 関係第三者からのヒアリング調査のポイント
   5. 様々な要求への対応

第2.演習
   1. 相談受付の演習
       (1)ヒアリング事項の検討
       (2)ヒアリング演習
       (3)結果発表・講評

   2. 被通報者からのヒアリング演習
       (1)ヒアリング事項の検討
       (2)ヒアリング演習
       (3)結果発表・講評

   3. 関係第三者からのヒアリング演習
       (1)ヒアリング事項の検討
       (2)ヒアリング演習
       (3)結果発表・講評

   4. 事実認定
       (1)事実認定のためのディスカッション
       (2)結果発表・講評

   5. 相談者へのフィードバック
       (1)フィードバック事項の検討
       (2)フィードバック演習
       (3)結果発表・講評

第3.質疑応答

※当日のご参加人数により講義内容を変更する場合がございます。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )