[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 160072
第13期 グローバル・ビジネスリスクマネジメントコ-ス 第5回
コーポレートガバナンスと実効性の確保

   ※本コースの全体プログラムはこちら

開催日時・会場

2017年01月20日(金曜日) 14:00~17:00
主婦会館 プラザエフ(東京・四ツ谷駅前)

  ※会場が「企業研究会セミナールーム」より変更となりました。(1/12変更)

受講対象

内部監査・監査役・リスクマネジメント・法務・CSR部門他

講 師

首都大学東京大学院 社会科学研究科経営学専攻教授  松田 千恵子氏

プログラム

1.コーポレートガバナンスとは何か
      (1)コーポレートガバナンスの定義
      (2)株主と経営者、取締役会の関係

2.コーポレートガバナンスを巡る変化

      (1)なぜコーポレートガバナンスが注目されるのか
      (2)会社法の変遷
      (3)スチュワードシップコードとコーポレートガバナンスコード

3.コーポレートガバナンスの枠組み

      (1)監査役会設置会社
      (2)指名委員会等設置会社
      (3)監査等委員会設置会社
      (4)各形態ごとの特徴と留意点

4.コーポレートガバナンスの要諦
      (1)執行と監督の関係
      (2)指名、報酬、監査の重要性
      (3)少数株主に対する考え方
      (4)企業理念、経営戦略、情報開示との関係
      (5)社外取締役の役割
      (6)取締役会の実効性

5.コーポレートガバナンスに関連する事柄
      (1)「守りのガバナンス」「攻めのガバナンス」
      (2)リスクマネジメント、内部統制、コンプライアンス
      (3)監査役監査と内部監査
      (4)CSR、CSV、ESG
      (5)グループガバナンス

15:45~17:00
      全体討議

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )