[事業コード] 161722
経理・財務部門改革の実践的な進め方

開催日時・会場

2017年01月26日(木曜日) 13:30~16:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経理・財務部門他

講 師

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー  近藤 泰彦氏

プログラム

開催にあたって

   環境変化に伴って、最高財務責任者(CFO)や経理・財務部門には会計や決算、各種数値の取りまとめ等従来的な役割に加え、投資マネジメントやリスク管理等企業価値により直接的に結びつく貢献が期待されています。そして、これらの期待を背景に、経理・財務部門における予算や中計策定、会計ERPの更新等に合わせて、経理・財務部門の将来像を描き改革を進めている企業も増えています。しかし、将来像の検討であるにも関わらず足元の課題に捉われ過ぎていたり、必要な施策は立案したものの具体的な取り組みが進まない等、様々な課題が散見されます。
   そこで本セミナーでは、実際の取り組み事例などを交えながら日本企業が直面しがちな課題とコンセプト論にとどまらない実践的な経理・財務部門改革の進め方を解説します。

プログラム

1.経理・財務部門の果たすべき役割と改革のあり方とは
     (1)経理・財務部門を取り巻く環境変化
     (2)CFOは何を経理・財務部門に期待しているのか
     (3)先進企業から学ぶ経理・財務部門の果たすべき役割とは
     (4)経理・財務部門の改革パターン

2.経理・財務部門改革の実践的な進め方
     (1)日本企業が陥りがちな罠
     (2)改革推進のポイントと具体的な進め方
              ・将来像を考えるための材料をどう集めるか
              ・将来像や施策をどのように具体化していくか
              ・改革実行に向けた道筋をいかに描くか

3.取組み事例のご紹介・質疑応答

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

村野(TEL 03-5215-3550 )

セミナー申込