[事業コード] 161755
主催:(社)企業研究会 /協力:TAC(株)
≪大阪会場≫基礎から学ぶ「決算書」の読み方
~オンラインライブ中継による東京・名古屋・大阪同時開催~

開催日時・会場

2017年01月27日(金曜日) 13:00~17:00
TAC梅田校(大阪:梅田センタービル5F)

受講対象

企画部門、経理部門、広報IR部門、監査部門など関連部門のご担当者

講 師

宮田公認会計士事務所 公認会計士  宮田 敏夫氏

プログラム

オンラインLIVEセミナーとは
      当セミナーは、講師が来場する東京会場をメイン会場として、その模様を名古屋会場・大阪会場に
   中継致します(名古屋会場・大阪会場への講師の来場はありません)。
      中継についてはTV製作会社である(株)東通が担当し、双方向コミュニケーションにより、名古屋
   会場・大阪会場からの質疑応答も可能です。

プログラム

1.決算書を見てみよう
      (1)基本3表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書)とは?
      (2)基本3表と注記の関係

2.基本3表の見方
      (1)損益計算書
               1)損益計算書の基本的な仕組み 2)5つの利益概念と企業経営
               3)損益計算書を見るポイント  4)損益計算書の分析方法
  (2)貸借対照表
               1)貸借対照表の基本的な仕組み 2)資産・負債・純資産と企業経営
               3)貸借対照表を見るポイント  4)貸借対照表の分析方法
      (3)キャッシュ・フロー計算書
               1)キャッシュ・フロー計算書の基本的な仕組み 2)営業・投資・財務と企業経営
               3)キャッシュ・フロー計算書を見るポイント
      (4)問題演習

3.決算書の「比較」により見えるもの
      (1)前期と当期の比較
      (2)単体と連結の比較
      (3)同業他社と当社の比較
      (4)他業種との比較
      (5)決算書「以外」からの情報と、決算書の比較

4.決算書の読み方 応用
      (1)様々な決算書の読み方
               1)中小企業と大企業の決算書 2)日本基準と国際会計基準
               3)決算書を読む「視点」
      (2)事例演習
               1)決算書の問題を発見する事例演習

※ご参加者は電卓をご持参下さい。(演習問題の際に使用します。)

ご案内
※セミナー中、映像及び音声のトラブルがあった場合は、 下記の通り対応をさせて頂きますので、ご了承の上、
   お申込をいただけるようにお願い申し上げます。
         ・映像など切断した場合、再接続してから講義を再開致します。
         ・接続が回復できない場合、もしくは音声が途切れるなど 配信品質が著しく低下した場合、受講料を
            返金させていただきます。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514)

セミナー申込