[事業コード] 161651
キャッシュフロー計算書、資金繰り表 作成と分析についての実務ポイント

開催日時・会場

2016年12月12日(月曜日) 10:00~17:00
厚生会館(東京・平河町)

受講対象

経理・財務・税務等の経営管理部門において上記テーマにご関心のある方

講 師

松田会計事務所 所長 税理士  松田 修氏

プログラム

セミナーのポイント
   (1)なぜ、資金繰りは悪くなるのか?その要因を徹底的に解明する
   (2)これだけ押さえれば確実に良くなる「資金繰り改善のための着眼点10ヶ条」を理解する
   (3)資金繰り表を実際に作成・分析し、理想的な資金構造を実現するための具体的手法を学ぶ
   (4)キャッシュフロー計算書の作成・分析をし、資金繰り上の問題点、改善策を考える

プログラム

資金繰り(キャッシュフロー)を良くする・悪くする原因は4つの要因から解明できる

2.押さえておきたい「資金繰り(キャッシュフロー)を良くする着眼点10ヶ条」
      (着眼点1)会社にお金が残らない4つのパターン
      (着眼点2)支払サイトと回収サイトの違いで、資金繰りを苦しくしていないか
            【演習】売掛債権手持日数・買掛債務支払日数を計算する
      (着眼点3)資金繰りを悪くする最大要因=在庫を厳しくチェック
            【演習】商品手持日数を把握し、不良在庫の発生を防ぐ
      (着眼点4)効率の良い経営をしているか?
            【演習】(1)総資本経常利益率(ROA)は良いのか悪いのか
                        (2)総資本回転率は良いのか悪いのか
      (着眼点5)「当期利益+減価償却費」と「借入金の元本返済額」の関係に注意
            【演習】借金の返済支出はいくらであればよいのか
      (着眼点6)現金預金はどの程度必要か?借入金とのバランスは取れているか?
     ( 着眼点7)会社の運転資金はどの程度必要か?運転資金の減少を目指す!
      (着眼点8)前受金の活用を検討する
      (着眼点9)固定資産の持ちすぎに注意―「自己資本対固定資産比率」「固定長期適合率」でチェック
      (着眼点10)究極のキャッシュフロー経営とは
            【演習】1億の増資と1億の利益、どちらの方がお金が残るか

3.資金繰り表を実際に作成し、分析してみよう

4.決算書からキャッシュフロー計算書(直接法)(資金収支計算書)を実際に作成し、分析してみよう


5.お金の流れが一目瞭然!キャッシュフロー計算書(間接法)の作成と分析

受 講 料

会員:37,800円(本体 35,000円)/一般:41,040円(本体 38,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550 )

セミナー申込