[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161607
グローバル事業を支える
リスク・クライシスマネジメント体制の構築・運用に関する実務講座
    セッション1:海外子会社を含むリスクマネジメント実務 -コンプライアンス対応を一例として
    セッション2:グローバル展開も踏まえた危機管理の実務

開催日時・会場

2016年12月05日(月曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

  ※10:00-13:00 セッション1 /14:00-17:00 セッション2
    ※各セッション単位でのお申込みも可能です。

 受講対象

法務部門、監査部門、総務部門、経営企画部門、経理部門、海外事業部門など関連部門のご担当者

講 師

KPMGコンサルティング株式会社 マネジャー  水戸 貴之氏
KPMGコンサルティング株式会社 マネジャー  土谷 豪氏

プログラム

◆セッション1: 10:00~13:00
「海外子会社を含むリスクマネジメント実務 -コンプライアンス対応を一例として」

1.海外子会社管理の重要性
      ・新興国における事業展開上のリスク
      ・海外子会社管理における親会社の義務

2.海外ビジネス環境の変化
      ・海外ビジネス環境の変化
      ・新興国ビジネスに共通するリスク

3.海外子会社管理の基本/ポイント
      ・海外子会社管理の全般的なポイント
      ・コンプライアンス対応のポイント-贈収賄/カルテル/不正等を中心に

◆セッション2: 14:00~17:00
「グローバル展開も踏まえた危機管理の実務」

1.はじめに・・・
      ・リスク管理と危機管理の関係性
      ・危機管理の考え方
      ・BCPの考え方
      ・危機管理・BCPに関する直近の動向

2.クライシスマネジメント態勢構築のポイント
      ・危機に対するマインドセットの切替
      ・危機情報収集体制の構築
      ・危機管理マニュアルの整備

3.グローバルBCP対応のポイント
4.グローバルBCPの必要性
5.グローバルBCPの構築プロセス
6.BCM活動の重要性
7.簡易シミュレーション訓練の体験

※当日は最新情報を盛り込む関係上、講義内容を若干変更する可能性がございます。
※コンサルティング業、士業の方など講師とご同業の方のご参加をお断りする場合がございます。

受 講 料

会員:41,040円(本体 38,000円)/一般:45,360円(本体 42,000円)
    
   ■1セッションのみ参加
                会員:32,400円(本体30,000円)/ 一般:35,640円(本体33,000円)

※ Web上からお申し込みの場合には、通信欄に受講を希望するセッションを明記願います。
     注)主担当者様のお名前でお申し込みの上、各回、代理出席も可能です。
           但し、割引料金の適用は一度にお申し込みの場合に限ります。
※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、前頁の「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。 お申込者がご出席いただけない際は、
   代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナーグループ( TEL : 03-5215-3514 )