[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161412
海外子会社の「現実的な管理体制」と実務上のポイント

開催日時・会場

2016年11月24日(木曜日) 13:30~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

経営企画・法務部門・総務部門・海外事業部門をご担当の方

講 師

森・濱田松本法律事務所 弁護士  梅津 英明氏

プログラム

開催にあたって

   アジア・中南米等を中心とする新興国に進出した日系企業の本社が現地の子会社を適切に管理するためには、各国特有の法制度、慣習の問題等への理解や日常業務に潜む様々なリスクへの充分な対応が欠かせません。
   本セミナーでは、国内子会社や関係会社を管理する以上に悩ましい海外子会社管理の難しさについて、親会社の見方と海外子会社の受け止め方のズレ、実際に現地で起こり得る問題が本社に与える影響等、具体的事例を挙げながら解説いたします。その上で、本社管理部門として実行すべき海外子会社の“現実的な管理体制”と運用上のポイントについて、実践的に検証していきます。

プログラム

Ⅰ.なぜ、今海外子会社管理が重要なのか
      (1)海外進出の早さと子会社管理の対応能力
      (2)海外子会社・合弁会社が深刻な影響を与えた事例
      (3)グループ内部統制強化の動き~会社法の観点からはどう捉えるべきか

Ⅱ.新興国における海外子会社管理の難しさ
      (1)現地の見え方と本社の見え方~いかに違うか
               ①アジア、中南米を中心とした新興国の特殊性
               ②新興国における「法」とは?(現地と本社との「受け止め方」の違い)
               ③アジア諸国内の差/中南米諸国内の差/アジアと中南米の差
      (2)現地を悩ます数々の問題点~本社にはどのような影響が出るか
               ①外国公務員贈賄(民間贈賄も)
               ②カルテル・談合等
               ③不正経理、横領・背任、脱税
               ④労務問題
               ⑤外資規制と名義人(ノミニー)
               ⑥ビジネスと人権の問題
      (3)新興国におけるM&A・ジョイントベンチャーを巡る問題点

Ⅲ.現実的な管理体制の在り方とそのポイント
      (1)管理の現実的な限界
               ①国内子会社管理との違い
               ②親会社の見方と海外子会社の受け止め方のズレ
               ③日常業務上、リスクはどこに潜んでいるか~何を見ればよいか
      (2)実務運用上のポイント~できることから一つずつ
               ①本社・現地トップのコミットメント
               ②責任者の指名・現地従業員とのコミュニケーション
               ③内部監査・研修制度・人事制度
               ④内部通報制度
               ⑤本社とのコミュニケーション
               ⑥契約前の調査・契約条項等
               ⑦現地専門家の利用
      (3)その他

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

田中(TEL 03-5215-3516 )