[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161526
『企業リスク』としての労働問題 実務講座

開催日時・会場

2016年11月14日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事労務部門・総務部門・法務部門等に所属され、労働問題の実務について学びたい方

講 師

亀山総合法律事務所 弁護士  亀山 晴信氏

プログラム

第1 個別労働紛争とその争われ方
   1.身近な具体例
   2.争われ方
   3.紛争化した場合の防御コスト

第2 パワーハラスメント及びセクシャルハラスメント問題の広がり
   1.被害拡大のおそれ
   2.内部統制システムの構築と取締役の責任
   3.時間外手当請求を内容とする労働審判事件での申立人の主張及びそれへの対応

第3 パワーハラスメントについて
   1.パワーハラスメントとは
   2.加害者の責任
   3.会社の責任
   4.裁判例の紹介

第4 セクシャルハラスメントについて

第5 内部通報制度の形骸化に関する 運用見直しについて
   1.内部通報制度の形骸化
   2.内部通報制度の運用見直しの視点

第6 定年後再雇用における労働条件設定の見直しは必要か
   「同一労働同一賃金」問題から考察する「長澤運輸事件・地裁判決」と企業側の対策について

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550 )