[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161537
R&D促進のためのベンチマーキング(競合他社分析)と市場調査

開催日時・会場

2016年11月04日(金曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

商品開発部門、研究開発部門、製品・事業企画を求められる技術者の方

講 師

株式会社ニューチャーネットワークス 取締役 シニアコンサルタント  福島 彰一郎氏

プログラム

開催にあたって

   開発に長年関わってきたがポジションが変わり、これからは市場分析や競合他社ベンチマーキングを行い、売上・利益につながる製品・事業企画をするように上司から言われ戸惑っている技術者はおられないでしょうか。さらに、生産財メーカーの市は国内よりもむしろ海外であり、どのように進めていくのか悩まれている技術者はおられないでしょうか。
   当セミナーでは、売上・利益につながる製品・事業企画とはどのようなものかを確認したうえで、市場分析や競合分析のフレームワークやポイントをご紹介します。特に、競争市場でサバイバルしていくための競合他社ベンチマーキングの手法について、具体的な進め方をご紹介します。そして、2次情報や1次情報の収集の実践的なポイントについてもご紹介します。

プログラム

1製造業に必要な思考とは ~「技術」で勝って「事業」でも勝つ~
     ・「技術 – 製品 – ビジネスモデル・エコシステム」の1セット思考
          事例: アマゾン・電子書籍端末、GE・IoT、横河電機・未来シナリオ など

2. 事業で勝つための戦略企画とは 戦略企画のアウトプット項目
     ・経営トップからみた戦略企画の評価視点
     ・戦略策定の流れと市場環境分析の位置づけ
     ・市場調査の必須ポイント ~調査しながら常に戦略仮説を持つ~

3. 戦略企画のための市場環境分析 業界構造分析
     ・業界構造分析   ~エコシステムの視点から業界の範囲を考える~
     ・PEST分析        ~業界ルールの変わるタイミング定めて、仕掛ける~
     ・顧客特性分析   ~高利益のためには顧客事業の課題を目線を上げて理解する~
     ・競合他社ベンチマーキング分析
          ~製品・技術だけでなく事業レベルで競合の強み・弱みを把握する~

4. 競合他社ベンチマーキング分析とは
          競合他社ベンチマーキングにより強み・弱みを把握する
     ・異業種ベンチマーキングにより圧倒的な差別化を考える
     ・ベンチマーキングの進め方
     ・ベンチマーキングの体制 ~社内に「ビジネスインテリジェンス」をもつ~
          (演習) 競合他社ベンチマーキングと競争戦略の発想

5. 市場調査ポイント:2次情報 WEB調査
     ・新聞雑誌記事調査
     ・業界紙・論文調査
     ・調査レポート・書籍調査
     ・マーケティングデータバンクの活用
     ・調査会社への委託    
     ・リバースエンジニアリング
     ・海外調査のフレームワーク など

6. 市場ポイント:1次情報
   6.1. 顧客企業や異業種ヒアリング ヒアリング先のリストアップ、アポイントメント
     ・ヒアリング準備 ~エッジの効いた質問を用意する~
     ・ヒアリング実施 ~顧客との対話を通じて関係性をつくる~
     ・ヒアリング結果の整理、戦略企画のブラッシュアップ

   6.2. フィールド調査 会議室など“クローズド”な空間から出て、
          多様な人・モノ・情報から気付きを得る
     ・五感で感じる ~見て、聞いて、味わう、嗅ぐ、触れるなど、自ら体感~
     ・フィールドという空間&生活者と接することにより、革新的な新製品アイデアの創発
          (参考資料【1】) 競合他社ベンチマーキングの実践ステップ
          (参考資料【2】) 90日間で成果を出すブレークスループロジェクトとは

※講師と同業企業・同職種の方はご参加頂けない場合がございます。予めご了承ください。

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

福田(TEL 03-5215-3512)