[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161423
財務諸表の前期比較テクニック(ケーススタディ編)

開催日時・会場

2016年11月15日(火曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

監査役、内部統制、内部監査、経理・財務、審査管理部門にご所属されているご担当の方々

講 師

株式会社ヴェリタス・アカウンティング 代表取締役社長・公認会計士  山岡 信一郎氏

プログラム

開催にあたって

   当講座は、子会社から提出される連結パッケージや取引先の財務諸表だけを読んで「おかしな数字」がないか、分析しなければならない担当者が対象となっております。ケーススタディが中心となっておりますので、具体的に何を行えばよいのかイメージしやすく、実務で役に立つ講義内容となっています。皆様のご参加をお待ちしております。
   なお、サブテキスト書籍として、講師最新著『新訂版おかしな数字をパッと見抜く会計術』(清文社)を当日配付します。

プログラム

1.財務諸表の前期比較

      【ケーススタディ】財務諸表の前期比較を行い、「おかしな数字」を抽出してみましょう
                                 ・製造業A社のケース
                                 ・サービス業B社のケース
      【ケーススタディ】抽出された「おかしな数字」はどう対応すればよいのか考えてみましょう

2.決算資料の前期比較

      【ケーススタディ】勘定科目別の内訳資料の前期比較を行い、「おかしな数字」を抽出してみましょう
                                 ・預金内訳
                                 ・売掛金内訳
                                 ・売上高・売上原価内訳
                                 ・固定資産増減明細
                                 ・販売費及び一般管理費明細     など

3.オーバーオールテスト

      【ケーススタディ】計上額に異常がないかどうか、オーバーオールテストを実施してみましょう
                                 ・支払利息
                                 ・減価償却費
                                 ・人件費
      【ケーススタディ】推定値(理論値)とかい離した場合の対応方法を考えてみましょう
                                 ・差異金額、差異率の考え方
                                 ・さらに検討をすすめるかどうかの判断

4.実際の財務諸表を使ったケーススタディ

      【ケーススタディ】不正は発見できるか?
                                 ・実際に不正会計が行われたC社のケース

※電卓をお持ちください。

 

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

鈴木(TEL 03-5215-3550 )