[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161566
≪東京開催≫
「技術の目利き」を集団的育成し、コア技術ベースのテーマ創出を実施し続ける
研究開発マネジメントの実践手順

  ※同セミナーを11月2日京都でも開催いたします。

開催日時・会場

2016年11月24日(木曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

研究開発テーマ創出・企画部門に携わる方

講 師

高収益企業支援家・弁理士  中村 大介氏(株式会社如水 代表取締役)

プログラム

開催にあたって

   本来中長期テーマを担うべき研究所で、短期テーマばかりに追われてはいないでしょうか?研究所全体で、テーマ評価や創出は「重要で緊急はでないこと」で、最も重要視することではないでしょうか?しかし、「緊急なこと」を抱えすぎて、重要性の判断もできなくなっていませんか?
   コンサルタントとして断言できることは、小手先やハウツーではこれらのことは解決しません。解決するためには研究所としてどのようにあるべきか、「あり方」を決めそれに沿った「技術の目利き」を育成することが必要です。
   研究所を経営・俯瞰できる人材が「たまたま」現れるのではなく、代々伝え継続的に生み出すためにはどうすればいいか、伝承可能な技にするためにはどうすればいいか、コンサルタントとして経験した事例からお話します。

プログラム

   1. 経営学の定石を利用した自社経営の歴史を理解・俯瞰する
       (1)自社タイプ診断 ~コア技術+知財主導か課題解決主導か~
       (2)組織学習の視点から研究開発のあり方を分析する
       (3)資源ベースの経営理論と研究開発のあり方を分析す
       (4)ポジショニングの経営理論と研究開発のあり方を分析する
       (5)外部環境に対応した研究開発のあり方を分析する

   2. 事例紹介
       (1)研究開発のビジョンと人材像の設定例 東レ
       (2)人材像に沿った「当たり前」の定義 キヤノン
       (3)研究開発のビジョンに沿ったユニークな制度 3M、P&G

   3. 技術経営のあり方に沿ったビジョンと人材像
       (1)4ステップを理解する:環境変化ービジョンー人材像ー人材育成
       (2)環境変化とビジョン策定
       (3)ビジョン策定と人材像策定

   4. 「技術の目利き」人材の要件
       (1)ビジネスの推論と技術の推論
       (2)技術経営の知識
       (3)知財の位置づけと知財マネジメント知識
       (4)継続的なコア技術の獲得と高収益化の長い時間軸の理解

   5. テーマ企画教育の実践例
       (1)バックキャストとフォーキャスト
       (2)フォーキャストとバックキャストの使い分け・融合
       (3)リーズニングのためのマクロトレンド
       (4)シナリオ・プランニング
       (5)技術獲得シナリオ
       (6)パテントマップ

   6. コア技術の獲得活動を理解する
       (1)研究企画部門でのコア技術獲得計画
       (2)テーマ創出の流れ
       (3)実践する人の育成

   7. 制度設計を理解する
       (1)テーマ創造に係る制度設計
       (2)テーマ評価に係る制度設計
       (3)技術交流と情報共有に係る制度設計
       (4)チャレンジを促す制度設計

   8. 事例の紹介と研究
       事例1)外部環境に対応する経営モデル
       事例2)コア技術にこだわる経営モデル
       事例3)コンピタンスにこだわる経営モデル

   9. 創造的な研究開発を行うための要件

10. まとめ

受 講 料

会員:34,560円(本体 32,000円)/一般:37,800円(本体 35,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

公開セミナー事業グループ(TEL 03-5215-3514 )