[本セミナーは募集を終了いたしました]

[事業コード] 161539
『採用難時代』における新たな考え方と採用戦略

開催日時・会場

2016年10月24日(月曜日) 13:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)

受講対象

人事部門・経営企画部門・総務部門をご担当の方

講 師

株式会社人材研究所 代表取締役社長/組織人材コンサルタント 曽和 利光氏

プログラム

開催にあたって

   近年、優秀人材を確保するにあたり、「売り手市場」であることや「採用時期制限」の弊害のみならず、根本的な構造的「採用難時代」の影響で、大手企業でも苦戦を強いられています。
   本講座では、そのような「採用難時代」における新たな採用戦略の考え方を詳解し、学生と接触する段階、選考時内定者や選考中の学生のフォローにおいて留意すべき点と改善方法を学びます。
   また、面接担当者としてすべきこと、してはいけないこと、陥りがちな過ちを確認し、実務にて即実行できるノウハウを検証していきます。

プログラム

Ⅰ.「採用難時代」において変えるべき「考え方」
         (1)「採用活動時期制限」のもたらしたもの
         (2)「志望度」に係る学生と企業のミスマッチ
         (3)「貴社に会いたくなる」採用を実現するために
         (4)「オーディション型」から「スカウト型」へ

Ⅱ.「採用難時代」を乗り切るための採用プロセス改善方法≪①リアル接触≫
         (1)リアル接触率
               ・評価の仕方と改善のポイント
         (2)電話活用のイメージ~「ちなみに」攻撃~
         (3)「受け皿企画」を面白いものに
         (4)上手な「懇親会」のやり方

Ⅲ.「採用難時代」を乗り切るための採用プロセス改善方法≪②選考≫
         (1)様々な選考手法の特徴
         (2)ES合格率、適性検査合格率、面接合格率
               ・評価の仕方と改善のポイント
         (3)面接担当者トレーニングの内容
               ・インタビュー/アセスメント/ジャッジ
         (4)聞くべきこと、聞いてはいけないこと
         (5)エピソードを深堀りするポイント
         (6)志向の信憑性の見方
               ・きっかけの納得感/豊かさ/行動化の程度
         (7)面接官が陥りやすい12のポイント

Ⅳ.「採用難時代」を乗り切るための採用プロセス改善方法≪③フォロー≫
         (1)途中辞退率
               ・評価の仕方と改善のポイント
         (2)内定辞退率
               ・評価の仕方と改善のポイント
         (3)フォローの順序~自己開示・情報収集・説得勧誘~
         (4)採用担当者自身が自己開示をする
               ・自己開示が重要な理由/「共通点」に着目して自己開示する/自己開示のベストタイミング
         (5)学生から聞き出すべき情報とは
         (6)モチベーションリソース
               ・組織型/仕事型/職場型/生活型
         (7)キャリアアンカー
         (8)解消すべきネックとカウンタートーク
         (9)磨くべきフォロートーク
      (10)その他、フォロートークで気を付けること

 

受 講 料

会員:32,400円(本体 30,000円)/一般:35,640円(本体 33,000円)

※公開セミナーに関するお問い合わせやご質問は、「よくあるご質問(FAQ)」をご参照下さい。
※会員価格適用については「正会員・グループ企業(会員価格適用)一覧」よりお調べいただけます。
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
   お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

担 当

田中(TEL 03-5215-3516 )